仮想通貨の仕組み

ビットコインで利益を出す方法とは?仕組みについて解説

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコインで儲けようと思っている方
✔ ビットコイン投資を始めようと思っている方
✔ ビットコインにかかる税金について知りたいという方

「ビットコインで利益を出して収入を増やしたいなあ」といったように、副収入や将来の資産構築を目的として、ビットコインを活用しようという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はビットコインで利益を出す方法と、ビットコインの仕組みについてお伝えしていきます。

ビットコインを始めてみたい方や利益が出ない方は、今回の記事を参考にしてビットコインで利益を出せるよう戦略を立ててはいかがでしょうか。

この記事の要約

  • ビットコインで利益を出すには「安く買って高く売る」が基本
  • ビットコインで利益を出す方法として「空売り」「レバレッジ」「裁定取引」「マイニング」がある
  • 会社員の場合、ビットコインの利益が20万円以上になると確定申告の義務が発生する
  • ビットコインの利益は雑所得に分類され、累進課税が適用される

ビットコインで利益を出す仕組み

ビットコインで利益を出す方法は多くの場合、ビットコインに投資することですよね。

ビットコインの現物取引において利益を出すためには、上昇相場や底を打った相場で安く買い、天井付近で売るのというのが基本です。

しかし安く買って高く売ろうとしても、ダマシなどで損失出してしまうかもしれません。さまざまなテクニックや分析能力を磨いて、予測精度を高めていきましょう。

ビットコインで利益を出す基本とは

ビットコインの利益を出すため方法、安く買って高く売ること。つまり買った時の値段よりも、売る時の値段の方が高くなればいいわけです。

2018年8月21日から9月初旬は、短期的にビットコインの値段が上昇しました。8月のうちに買って9月に入ってから売れば、利益が出たということになりますよね。

ビットコインが上昇中の相場で購入するのは、わかりやすい購入タイミングといえるでしょう。

ビットコインで利益を出す方法とは

ビットコインの現物取引で利益を出すには、安く買って高く売るのが基本です。そして利益を出すテクニックとして、

  • 上昇相場で売買を行う順張り投資
  • 下落後の底打ち相場で買い注文を出しておき、上昇後に売却する逆張り投資
  • 逆指値注文で上昇始めを狙って購入し、逆指値売りで損切と利益確定どちらも狙う方法

といったものがあります。他にもいろいろなテクニックがありますので、お伝えしていきましょう。

方法1:通常の投資(安く買って高く売る)

もっともわかりやすい方法は、ビットコインが安い時に買って高くなったら売る方法でしょう。現物取引か信用取引の買い注文から始めます。

言葉では簡単に表現できますが、実際に試してみると上昇相場を見極めるというのはなかなか難しいものです。

すでに上昇中の相場でビットコインを購入し、ある程度高くなったら売ってしまうというところから始めてみましょう。

方法2:空売り

空売りとは、ビットコインが高い時に売って安くなったら買い戻すという方法。信用取引やビットコインFXでできる注文方法で、売り注文から買い注文の流れで取引できます。

2018年9月5日~9日頃に起きた下落相場では、9月5日にビットコインを売って9月9日に買い戻せば、利益が出たことになりますよね。

空売りで利益を得るためには、高く売って安く買い戻すのが基本というわけです。

方法3:レバレッジ

レバレッジとは、信用取引やビットコインFXなどで適用されている倍率のこと。レバレッジ2倍の場合、投入資金の2倍の取引ができるのですが

  • 利益が通常の2倍となる
  • 損失も通常の2倍となる

という特徴があります。同じ取引でも多くの利益を得たいという時に利用する方法ですが、ギャンブル性が非常に強いので注意しましょう。

方法4:裁定取引

裁定取引とは、取引所ごとにビットコインの価格差があることを利用した方法。

それぞれの仮想通貨取引所は市場が違うため、ビットコインの価格に若干の違いが生じます。

価格の安い取引所で購入し、価格の高い取引所へ売ることで、相場状況に関わらず利益を得ることができるというわけです。

方法5:マイニング

ビットコインは、売買以外にもマイニング作業で利益を得ることが可能です。

マイニングとは、トランザクション作業を手伝う代わりに報酬を得られるシステムですが、ビットコインの場合は計算処理が最も速いユーザーのみ。

そのため利益を得るためには、自作でマイニングマシンを運用できる環境を整えなければなりません。初心者の方にはかなり難しい方法かもしれませんね。

ビットコインの利益への課税

ビットコインで利益を出そうという時には、税金のことも頭に入れておく必要があります。

ビットコインで利益を出すと税金がかかる

会社員の場合、年20万円以上の利益があると確定申告をしなければなりません。

またビットコインに掛かる課税は総合課税のうち雑所得に分類されているため、累進課税となっています。

累進課税は所得が大きくなると課税税率が大きくなるため、ビットコインの利益が大きいほど所得税も高額になるのです。

確定申告で必要なビットコインの利益とは

確定申告では

  • 円に交換(売買差益)
  • ビットコインで商品を購入
  • 仮想通貨を他の通貨に交換
  • マイニング報酬

といった部分について、所得税の計算を行う必要があります。確定申告を怠ると追加徴税義務が発生しますから、きちんと行っておきましょう。

まとめ

この記事のまとめ

  • ビットコインで利益を出すには「安く買って高く売る」が基本
  • ビットコインで利益を出す方法として「空売り」「レバレッジ」「裁定取引」「マイニング」がある
  • 会社員の場合、ビットコインの利益が20万円以上になると確定申告の義務が発生する
  • ビットコインの利益は雑所得に分類され、累進課税が適用される

ビットコインで利益を出すことは簡単ではありませんが、書籍やネットなどで自分に合ったテクニックを身につけていくといいでしょう。

また所得税については利益を得る前に勉強しておけば、いざ確定申告の時に困ることもなくなります。

ビットコインの取引テクニックと確定申告をどちらも覚えて、ビットコインでどんどん利益を出していきましょう。

初心者におすすめの取引所はbitbank

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うので、取引所によって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitbank」はネットでも有名な有識者、与沢翼さん、イケダハヤトさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、手数料ゼロキャンペーン実施中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitbank以外の取引所に登録してしまった人は、bitbankで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitbankを見てみる

仮想通貨の仕組み