仮想通貨の仕組み

仮想通貨(ビットコイン)が儲かる仕組みと儲け方を徹底解説

仮想通貨が儲かる理由
この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨投資が儲かるか気になる方
✔ ビットコイン投資を始めようとしている方
✔ ビットコインで儲けようとしている方

仮想通貨ってどういう仕組で儲かるの?
本当にビットコインで儲かっている人いるの?

「仮想通貨投資」という言葉をよく聞くようになりました。最近は「仮想通貨なんてもう終わり」などを言う人がいますが、未だに値動きは激しく、「1度は急落するもの」としてこれからのビットコインに期待が寄せられています。

このページでは「仮想通貨が儲かる仕組み」から、どれくらい儲かるのか、実際に儲かった2人の声を紹介していきます。ぜひ参考にして、10万円や100万円の不労所得を手に入れましょう。

この記事の要約
  • 仮想通貨の儲け方には「現物取引」「レバレッジ取引」がある
  • 「現物取引」は低リスク・低リターン
  • 「レバレッジ取引」は高リスク・高リターン
  • 初心者はまず1万円で「現物取引」を開始しよう
  • 手数料が低く現物取引ができるおすすめの取引所は「bitbank(ビットバンク)」

今すぐビットコインを買いたいという方は、こちらから「bitbank(ビットバンク)」へ登録しましょう。

仮想通貨(ビットコイン)が儲かる仕組み2つ

仮想通貨が儲かる仕組みには大きく2つ「現物取引」「レバレッジ取引」があります。それぞれのメリット・デメリットを知らないで取引をしていると、借金を追ってしまうことも。

まずは仮想通貨が儲かる仕組みを理解していきましょう。

①現物取引:安く買い高く売って儲ける方法

仮想通貨の儲け方

現物取引とは、仮想通貨を手持ちの資金で買って売る取引のことを指します。

仮想通貨の1つであるビットコインは、誰でもいつでも購入・販売ができます。仮想通貨で儲ける一番簡単な方法は「安く買って、高く売る」です。

ただし、取引所を使用するときに手数料がかかるため、できるだけ手数料を抑えて売買したいもの。一番おすすめしている取引所はbitbank(ビットバンク)」です。

②レバレッジ取引:買い→売り/売り→買いの差額で儲ける方法

レバレッジ取引とは、入金額よりも大きな金額の取引ができる方法です。例えば50万円の預け金でレバレッジ取引を行おうとすると次のようになります。

  1. 1BTCを取引所に借りる
  2. 1BTC=80万円で売る→手元に80万円
  3. 価格が下がってきたときに1BTC=60万円で買う
  4. 取引所に借りていた1BTC返す、手元に残った20万円が利益

このように50万円しか持っていなかったにもかかわらず、50万円よりも大きい1BTC(=80万円)の取引を行って儲けることができます。

レバレッジ取引は、手元の資金が小さくても、大きな金額で取引を行えるため、より大きな利益が得やすくなります。

>>基礎から学ぶビットコインFX。レバレッジでハイリターン

ビットコインはどのくらい儲かるのか?

ビットコインはどのくらい儲かるのか過去の価格の推移を見ながら説明をしていきます。次の表はビットコイン価格の変化を表したものです。

2012年 2014-2016年 2017-2018年
1BTC 約1000円 約2~10万円 〜約200万円
0.1BTC 約100円 約2000円-1万円 〜約20万円

ビットコインは2年毎に20倍以上伸びてきている

2012年ごろはだいたい、1BTCで1,000円ぐらいでした。

2013年では10万円を超えたり、2万円程度に下がったりと、この時期だけでも5倍近くの値段の差が出ています。

2014年から2016年ぐらいまでは2万円ぐらいから10万円ぐらいの動きでしたが、2017年にはそこから233万円ぐらいまで上がっています。

実に20倍以上の値段になっています。

大きく値下げしても逆に儲けられる「レバレッジ取引」

1年前には10万円ぐらいだったものが、半年前には、30万円、1ヶ月前なら200万円程度になっており、1月下旬では140万円程度で推移しています。

大幅に価格が下がったのですが、先物取引や仮想通貨FXといった「レバレッジ取引」では下げ相場であっても利益は出ます。

現在でも1日で10万円ぐらい動く日もありますので、これだけ動くものは仮想通貨ぐらいです。その分リスクは高いですが、チャンスの多い市場であるのが確かです。

下げ相場でも利益を出せる仮想通貨FXについてはこちら
>>基礎から学ぶビットコインFX。レバレッジでハイリターン

仮想通貨(ビットコイン)で儲かった人の例

筆者の周りには仮想通貨で儲かった友人が何人もいるので、彼らの声を紹介していきます。

現物取引で儲けたAさん(30万円の利益)

投資自体には今まで手をつけたことがなかったAさん。投資の勉強も兼ねて、とりあえず10万円を入金してビットコインを購入したそうです。

購入したのが少し仮想通貨が盛り上がり始めた2017年10月頃。これから盛り上がると聞き、長期保有で2017年12月まで待っていたら、ずばり一気に盛り上がって売りました。

10万円が4倍の40万円になり、投資の勉強もでき、一石二鳥だったといいます。

レバレッジ取引で儲けたBさん(250万円の利益)

株でじわじわ儲けていたBさん。レバレッジ取引の経験もあったため、これから市場が大きく動くことを予感して、レバレッジ取引を開始。

株で儲けていた一部の100万円を使って10倍のレバレッジ取引をしてみたそうです。

  • 2017年12月:5BTC借りる
  • 2017年12月:5BTC売る(1,000万円)
  • 2018年01月:5BTC買う(750万円)
  • 2018年01月:5BTC返す

Bさんは差額の250万円の利益を手にしました。株よりも値動きが激しくかなり精神の疲労を感じたといいます。

AさんBさんともに、取引所は手数料の低い「bitbank(ビットバンク)」を使っていました。

仮想通貨(ビットコイン)投資のリスク

1日に10万円も値動きがあるので、あっという間に借金まみれになってしまうのではないかと不安を感じる方もいるでしょう。

疑問:仮想通貨で借金ができる?

仮想通貨で儲かる仕組みには「現物取引」「レバレッジ取引」の2つがあるとお話しました。

改めておさらいすると「現物取引」は入金した範囲内だけで取引を行うもので、「レバレッジ取引」は入金額の数倍の範囲で取引を行うものです。

手元の資金が100万円で現物取引とレバレッジ取引をそれぞれ行ったときに、当初1BTC=100万円が、1BTC→80万円、1BTC→120万円になった場合次のような違いがあります。

扱える金額 リスク
(1BTC→95万円)
儲け
(1BTC→110万円)
現物取引 100万円 5万円の損失 10万円の利益
レバレッジ取引 1,000万円 50万円の損失 100万円の利益

さて、仮想通貨で借金ができる場合というのは、「レバレッジ取引」を行った場合に起こりえます。現物取引であれば、現物(最初の資金)以上に損失を出すことはないので、借金にはなりません。

レバレッジ取引=危険というわけではない

1点知っておきたいことは、実はレバレッジ取引が必ずしも危険ということではない点。

元の資金の決められた割合(例えば50%)を下回ると、コンピュータが自動的に取引を終了してくれます。上の表でいうと、元資金100万円の50%が50万円なので、1BTC=95万円で取引を強制終了してくれます。

コンピュータといえど完璧なタイミングではなく、市場がいきなり動いて1BTC=80万円のときに取引を終了した場合、損失が200万円になり、借金になることがあります。

市場の乱高下は儲けが出る証拠。少額ではじめてみて

この記事のまとめ
  • 仮想通貨の儲け方には「現物取引」「レバレッジ取引」がある
  • 「現物取引」は低リスク・低リターン
  • 「レバレッジ取引」は高リスク・高リターン
  • 初心者はまず1万円で「現物取引」を開始しよう
  • 手数料が低く現物取引ができるおすすめの取引所は「bitbank(ビットバンク)

仮想通貨が儲かるかどうかといえば、現在の乱高下は儲けるチャンスです。他の投資に比べても値動きが比べものにならないほどあります。

急騰、急落を繰り返しているので不安定な印象があるかもしれないですが、安定して増加し続ける市場など投資の世界ではあり得ません。

まだまだ若い金融商品なので、規制がゆるく危なっかしかったり、税制優遇などありませんが、その分旨味のある取引がたくさん転がっていると思います。

少額でもいいので、”イマ”はじめておいて、損はありません。

手数料が低く現物取引ができるおすすめの取引所は「bitbank(ビットバンク)」。

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

仮想通貨の仕組み