仮想通貨で儲ける方法

仮想通貨に関連するビジネスを徹底解説!

仮想通貨ビジネス

仮想通貨と言えば投資のイメージが強いかもしれませんが、実際はもっと多くのビジネスが存在しています。

その中で自分にあった仮想通貨ビジネスを見つける事が大切になります。

今回は仮想通貨に関するビジネスを一挙にご紹介いたします。

仮想通貨交換業(取引所)

「ETH(イーサリアム)と各種通貨ETH(イーサリアム)と各種通貨」のフリー写真素材を拡大まずは仮想通貨の取引所になります。

取引所とは仮想通貨を買いたい人と売りたい人に取引の場を提供するプラットフォームになります。

運営会社から直接購入する場合は販売所という形になっています

日本では金融庁の認可を受けている取引所かどうかが使う上でチェックするポイントになります。

取引所

交換所には2種類あります。

一つめは取引所です。

取引所はオークション形式が採用されています。一番高く売りたい人と一番安く売りたい人の価格がマッチした時に取引が約定する仕組みになっています。

取引所は手数料で稼ぐビジネスになります。

単純に利用者が増えれば増えるほど取引所は儲かる仕組みになっています。

販売所

販売所と呼ばれる交換業になります。

取引所とは違い運営会社から直接、仮想通貨を購入します。

取引所に比べて手数料が高いなどのデメリットはありますが、初心者でも購入がしやすく、すぐに確実に売買が出来るのがポイントです。

こちらも取引所同様に手数料で稼ぐ仕組みになります。

ICO

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とは、企業がプロジェクトを発足して仮想通貨による資金調達を行います。

似たような言葉でIPO(イニシャル・パブリック・オファリング)があります。これは株式の新規公開にあたります。

どちらも資金調達という意味では同じです。

投資する側としては発行された仮想通貨(トークン)をそのまま利用する事が出来るのと、優待のようなメリットをサービスによって受け取れます。

マイニング

マイニングビットコインなどはマイナーと呼ばれる人たちが、日々マイニングしています。

マイニングとはその取引が正しかったかどうかを計算しその報酬として仮想通貨を手に入れます。

計算量は膨大になり高性能なGPUを積んだマシンによってマイニングします。

事業を行う際に実際のマシンとソフトウェアを用意します、マシンはASICと呼ばれるものが主流になります。

その後、建物と電気設備を用意します。最後に管理者がいればマイニングは可能です。

あとはランニングコストに対してどれだけマイニング出来るか計算してマイニングし続ける事によって収益が拡大します。

自社マイニング

自社マイニングとは自前でマイニングマシンを準備してマイニングします。

マイニングは膨大な計算量を必要とするため、設備などの初期投資、設備投資が掛かります。また24時間稼働し続けるために莫大な電気代を必要とします。

ただし計算した分だけ報酬がもらえますので資本力がある企業や電気代の安い国では採算のあったマイニングが可能です。

クラウドマイニング

クラウドマイニングとはマイニングを行っている企業のサービスに投資する事です。

そしてマイニングで得られる報酬を配当として受け取ります。

メリットは設備投資が必要ないのと電気代も掛からない事にあります。

デメリットは受け取れる配当はあくまで配当であるためにリターンが少ない事とサービスを提供している会社の倒産リスクなどが挙げられます。

ウォレット

Bank free icon

仮想通貨を保管する方法にウォレットがあります。

ウォレットには様々な種類がありますが、ここではおおまかに2種類をご紹介いたします。一つめはソフトウェアウォレットです。

ウェブ上に仮想通貨を保管するため、手軽に利用ができますがセキュリティ面が懸念されます。無料で使えるものもあります。セキュリティ性を高めて有料で提供する事で収益化します。

もう一つはハードウェアウォレットです。

実際にUSBメモリのような形をした機器を購入しパソコンを使って仮想通貨は保管します。

実際にウォレットを持ち歩く事も可能で、セキュリティ面で優れています。

こちらはアマゾンなどのショッピングサイトで購入が可能です。

Dapps(アプリ)

Dapps(ダップス)とは分散型アプリケーションと呼ばれています。

ブロックチェーンを使った非中央集権的なアプリケーションになります。

ビットコインもDappsの一つになります。

Dappsを利用したものにはBitPet(ビットペット)と呼ばれるゲームや分散型の仮想通貨取引所DEXなどがあります。

Dappsを使ったアプリを有料で公開、販売したり、アプリそのものを開発するサービスによって収益化します。

技術コンサルティング

ブロックチェーン技術に精通した企業や開発チームがコンサルタントをするビジネスになります。

例えばBlockstream社などがそれに当たります。

同社はConfidential Assetsと呼ばれるブロックチェーン技術を利用したサービスも提供しています。

ICOコンサルティング

企業がICOする際の企画コンサルティングになります。

ICO企画要件、売り出し条件、ホワイトペーパー、トークンセール企画など業務は多岐に渡ります。

日本のConsensusBase社やアメリカのT1R社などがあります。

メディア

仮想通貨の情報を収集する為のメディアがあります。

ネットなどのウェブメディアや紙媒体のメディアなど複数存在します。

ウェブメディアであれば広告を貼ってアフィリエイトで収益化します。

紙媒体であれば実際の購読量とスポンサーによる公告によって収益化します。

ウェブメディアでは30人の東大生編集部が提供するCoinOtaku(コインオタク)や海外のトップ仮想通貨メディアであるCoinTelegraph(コインテレグラフ)などがあります。

紙媒体であれば月刊仮想通貨などが有名です。

メディアにとって記事の品質は重要になりますので、まずは記事の校正を考えます。その構成に沿った記事を執筆し、写真や画像と一緒にWebページや紙面に起こしていきます。

ウェブであれば、SEO対策などする事でアクセスを伸ばし収益化していきます。

アクセス数があれば広告もつきやすくなり収益を拡大できますのでいかに良いコンテンツを作る事が鍵になります。

スクール

仮想通貨への投資方法全般について学べるスクールになります。

例えば仮想通貨の基本操作や保全、具体的な投資ノウハウや税金対策などになります。

マンツーマンの個別レッスンやセミナー形式のものまで幅広くあります。

一般社団法人仮想通貨サポートセンターがサービスを提供しています。価格は基本レッスンと応用レッスンを合わせて98000円(税込)となっています。

仮想通貨自体のビジネスへのメリット

仮想通貨ビジネスのメリットは投資と違い元本割れのリスクがなくお金を稼ぐ事が出来ます。

元本割れのリスクがないのでやればやった分だけ収益が増えます。さらに仮想通貨の相場の影響を受けないので常に相場をチェックする必要もありません。

メリット1 元本割れのリスクがない

投資ではないので元本割れのリスクがありません。

クラウドマイニングで運営会社が倒産するようなリスクはありますが、基本的にはほとんどありません。

メリット2 仮想通貨の相場に左右されない

また仮想通貨の相場に左右されません。

仮想通貨投資であれば相場チャートを常にチェックし続ける必要がありますし、トレードには知識が必要になりますがその必要は何もありません。

また暴落しても財産を失う事はありません。

メリット3 やった分だけ稼げる

仮想通貨ビジネスは通常のビジネス同様やった分だけ収益を生みます。

どれも初めてすぐに収益化は出来ませんが、ある程度の時間と労力を掛ける事で継続した収益を得られます。

また在庫を抱えるようなビジネスもほとんどないので全体的に見てもリスクは少ないです。(ハードウェアウォレットは除く)

まとめ

如何でしたでしょうか?

仮想通貨は投資だけではなく様々なビジネスが存在しています。

クラウドマイニングやアフィリエイトなど副業で始められるビジネスもあります。

投資ではなく自分にあった仮想通貨ビジネスで稼いでみるのもいいかもしれません。

またビジネスで得られるスキルは他の株式投資などにも応用可能なので、ビジネスのきっかけとして始める事をおすすめします。

仮想通貨で儲ける方法