仮想通貨の今後

仮想通貨はこれからどうなる?最新データから上がる銘柄を完全網羅

この記事を読んでほしい人
✔ 2019年こそ、仮想通貨取引で儲けたいと思っている方
✔ 2019年に予定されている、仮想通貨に関する情報を知りたいという方
✔ 2019年におすすめの仮想通貨を知りたいという方

2017年の仮想通貨バブルから一転して価格が下がり続け、2018年は仮想通貨業界全体が受難の年となりました。

では2019年の仮想通貨業界は、どのようなものになっていくでしょうか。

そこで今回は2018年の仮想通貨業界を振り返るとともに、2019年はどのようになっていくのか、仮想通貨業界の展望を検証してみました。

この記事の要約

  • 2018年は仮想通貨バブルの終了や仮想通貨流出事件の影響などで、仮想通貨業界全体が冷え込んだ年だった
  • 2019年は機関投資家の参入への期待がある反面、米中摩擦や世界的な不況への懸念など不安もある
  • 2019年に期待できる仮想通貨の銘柄は「イーサリアム」「ライトコイン」「Neo」
  • 2019年に期待できるイーサリアムやライトコインを取引するなら、「BITPoint」がおすすめ

2018年の仮想通貨業界を振り返る

2017年の仮想通貨バブルとは打って変わって、2018年は全体を通して価格が下落傾向にありました。

仮想通貨業界全体が低調だった2018年、その背景にはどんな材料があったのでしょうか。

仮想通貨全体の値動き

2018年は仮想通貨全体が1年を通して、価格が下落し続けました。たとえば基準通貨であるビットコインは

  • 170万円からスタートしたものの、年初から2月にかけて大きく下落
  • その後は上げ下げを繰り返しながら、年末には35万円台まで下落

と非常に大きく下落しています。

しかし2017年にビットコインが暴騰する直前と同じ水準であるため、投機熱が冷めて振り出しに戻ったという見方もできるでしょう。

仮想通貨にまつわるニュース

2018年の仮想通貨の下落に大きな影響を与えたのは

  • 「Coincheck」がハッキングを受け、620億円相当の仮想通貨(ネム)が流出
  • 「Zaif」がハッキングを受け、670億円相当の仮想通貨(3種類)が流出

という仮想通貨流出事件。事件によって取引の停止を余儀なくされ、価格を大きく下げたこともありました。

仮想通貨取引所のセキュリティ対策が、大きく取りざたされた1年でもありましたね。

GMOコイン
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 入出金・取引手数料が無料
  2. セキュリティ性が高い
  3. 決まった価格で希望の数量を買える

2019年の仮想通貨を左右する最新情報

2019年の仮想通貨業界に影響を与えると思われる事柄について、お伝えしていきましょう。

機関投資家の参入

2019年1月にビットコインETF上場の承認の可否が再度検討されており、もし承認されれば機関投資家のビットコインへの投資が加速するみられています。

また、これまで

  • JPモルガンが資産のトークン化に関するブロックチェーンプラットフォームの特許申請
  • ゴールドマン・サックスがトレーディングデスク配置を計画→撤退
  • そのかわり、カストディ業務に注目
  • モルガン・スタンレーがビットコインのスワップ取引の計画発表

といった大手金融機関の仮想通貨参入が注目されていましたが、今のところ進捗が確認されていないこれらのプロジェクトの動向に注目しましょう。

米中の経済摩擦

2019年は米中の関係にも注目です。

  • トランプ氏による中国に対する貿易政策により、米中の関係が悪化する可能性がある
  • ドル、人民元、関連する株式や債権などが仮想通貨に流れ込む可能性も

米中の関係が悪化して景気が冷え込み、連動して仮想通貨業界も冷え込むという見方が一般的といえるでしょう。

一方でドルや人民元が下落するリスクを避けて仮想通貨に流れ込むことで、仮想通貨の価格が上昇するのではないか、という見方もあります。

世界的な経済不況への懸念

米国の景気過熱によって金利の引き上げも予想されており、もし実施されれば世界的な経済不況を招いてしまうかもしれません。

しかしビットコインをはじめとする仮想通貨は、リーマンショックによる不況時にシェアを大きくしたという実績があります。

ふたたび、仮想通貨が存在感を高める可能性もあるといえるでしょう。

これから上がる銘柄ランキング

2019年、価格上昇に期待したい銘柄は

  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • Neo

の3種類。それぞれの銘柄ごとに控えているホットなニュースをお伝えしていきましょう。

第1位:イーサリアム

イーサリアムはハードフォーク「コンスタンティノープル」を控えており、2019年で最も注目が集まっている銘柄のひとつ。

取引ボリュームが圧倒的に多いため、ハードフォークによる技術革新によって価格の変動が大いに期待できるでしょう。

ハードフォークは2019年1月と予定されていましたが、2月に延期となっています。

第2位:ライトコイン

ライトコインは2019年、4年に一度の半減期を迎えます。

半減期は需要に対してライトコインの供給が少なくなるため、価格が上昇する傾向がありますから、要注目ですね。

第3位:NEO

Neoは、分散型ファイルストレージシステム「NeoFS」を開発中です。

AmazonやDropboxと競合するほどのシステムになるとも言われており、動向によっては価値が一気に高まって価格が上昇するかもしれません。

「NeoFS」は2019年度中にベータ版のリリースが予定されています。

仮想通貨取引所はBITPointがおすすめ

2019年に注目のイーサリアムやライトコインを扱っている取引所で、おすすめは「BITPoint」です。

  • 母体が東証二部上場企業で安定感がある
  • セキュリティ対策に力を入れている
  • FX取引でレバレッジをきかせることもできる

2019年は手堅い仮想通貨投資を

この記事のまとめ

  • 2018年は仮想通貨バブルの終了や仮想通貨流出事件の影響などで、仮想通貨業界全体が冷え込んだ年だった
  • 2019年は機関投資家の参入への期待がある反面、米中摩擦や世界的な不況への懸念など不安もある
  • 2019年に期待できる仮想通貨の銘柄は「イーサリアム」「ライトコイン」「Neo」
  • 2019年に期待できるイーサリアムやライトコインを取引するなら、「BITPoint」がおすすめ

さて、2018年の仮想通貨業界を振り返り、2019年の動向を予想してみました。

2018年は仮想通貨業界全体が厳しい状況でした。

2019年も明るい情報はありますが、不安要素もあるため安心はできない状況ですね。
まだまだトレンド転換が見えない状況であるため、手堅くポジション配分をしたいところですね。

仮想通貨業界を取り巻くニュースに注目し、手堅く仮想通貨取引をしていきましょう。

仮想通貨の今後
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト