仮想通貨の今後

ビットコインの高騰は再び?過去と今後の高騰理由を分析

2018年4月ビットコイン高騰

2017年の年末にはビットコインは200万円を突破し世間を大いに騒がせました。

今年に入っても4月に高騰したのも記憶に新しいですね。高騰の要因は様々な見解がネットに掲載されていますが今後の高騰は予測できるのでしょうか。

今回はそんなビットコインがなぜ高騰したのか分析、解説します。

これまでのビットコインの高騰をおさらい

まずはこれまでビットコインの価格がいかに高騰したか振り返ってみましょう。

直近で2度高騰したタイミングがありました。1度目は2017年年末、そして2度目は2018年4月です。

それぞれの高騰の原因や理由をそれぞれ調べてみたいと思います。

ビットコインが高騰した理由2017年12月編

ビットコイン年末の高騰ビットコインは2017年の12月にも高騰しました。

その価格はおよそ113万円から205万円と大幅な値上がりを見せました。

約2倍近くの値上がりはテレビのニュースでも取り上げられ話題になりました。ここではその要因について迫りたいと思います。

引用:coinmarketcap.com

理由1:ビットコイン先物が上場

12月の高騰の主な要因はビットコイン先物がアメリカのCBOEとCMEに上場するというニュースがあったことです。

このCBOE(シカゴオプション取引所)とCME(シカゴマーカンタイル取引所)は信頼性の高い大手取引所であったためビットコインの高騰につながりました。

先物取引とは価格変動の大きな金融商品の将来の価格を予測して取引する商品になります。そのため動く金額も大きく人気の金融商品になります。

理由2:国内大手のコインチェックがCM制作

国内の大手取引所であるコインチェックが出川哲郎さんを起用したコミカルなCMを制作しました。

結果、12月には新規のユーザーによる大量の資金が流入しました。新規ユーザーはネームバリューの高い仮想通貨を購入する傾向にあり、ビットコインの高騰につながったと見られています。

理由3: 価格の上昇が買いを呼ぶ状態

前述のようにビットコインの価格は12月に入ってから2倍以上も膨れ上がりました。今回の相場の高騰は多くの人が実感したと思います。

価格が毎日上がっていくのを見れば、買い注文が増えるのは当然です。今回のビットコインの高騰にも影響を与えたと考えられています。

当時の強気なネットニュースなどでは1000万円を超えると言っている人もいたり当時は仮想通貨バブルの始まりとも言われていました。

ビットコインが高騰した理由 2018年4月編

まずは今年の2018年4月に高騰しました。2018年の1月下旬には大暴落をしたビットコインの価格ですが、4月にまた値段を戻しました。

その背景について迫ってみたいと思います。

理由1:イスラム法によるビットコインの容認

イスラム法でビットコインが容認されたとのレポートが入り、このレポートを受けてツイッターで情報が流出しました。

確実な情報とは言えませんが、18億人がビットコインを購入できるようになりサウジアラビアやカタールなどのソブリンファンドの資金が流入すれば、価格の上昇が期待出来るとしてビットコインの高騰の要因になったと言われています。

理由2:アメリカでの納税期限が終わった

アメリカでは4月17日が確定申告の期限になります。そのため確定申告で支払う法定通貨を得るためにビットコインの売りが続いていました。

期限の4月17日を過ぎたあたりでビットコインの価格が上昇に転じたと見られています。

理由3: サンタンデール銀行とリップルの提携

スペインの大手銀行のサンタンデール銀行とリップルが提携しました。

スペイン、イギリス、ポーランドの顧客に対してリップルを活用した国際決済サービスを開始すると発表しました。

リップルはビットコインと連動して価格が変化するとも言われており、このニュースをきっかけにビットコインの価格が上昇したのではないかとも言われています。

なぜ、どんなときにビットコインは高騰する?

2018年4月ビットコイン高騰

以上の事例を踏まえてなぜビットコインは高騰するのか考察してみました。

高騰する理由が分かれば事前にその兆候を読み取り適切な投資が出来るようになります。

理由1:発行枚数が決まっている

ビットコインは発行上限が2100万BTCまでになっています。

既にビットコインは半分が発行済みで2033年には99%のビットコインが発行されます。そして100年ほどかけて緩やかに発行し2140年頃には全て発行しそれ以降は発行されません。

発行量が減る事によってビットコインの価格が上がる事に対して疑問に思うかもしれません。金やプラチナなどの貴金属も埋蔵量が少なければ価値が上がります。

それと同じ原理でビットコインの発行量が少なくなれば価値は上がります。

理由2:4年に一度半減期を迎える

ビットコインは4年に一度半減期を迎えます。半減期とはビットコインのマイニングで得られる報酬が半減する事です。

2017年はその半減期となり報酬は25BTCから12.5BTCに半減されました。これはマイニング機の性能が4年で倍になる事を想定して4年に一度半減する仕組みになっているからです。

半減期が近づくと出来るだけ多くのビットコインを確保しようとする動きが高まりますので買い注文が増える事によって価格の高騰につながります。

理由3:中国マネーの流入

中国では不動産バブルの崩壊などを恐れて人民元を金に交換している人が多くいます。過剰な人民元の流出を防ぐために中国共産党が金の購入に規制をかけました。

金の代わりにビットコインが注目され、仮想通貨市場に中国マネーが流入しビットコインは高騰しました。

他の通貨よりビットコインが高騰すると言われる理由

他のアルトコインに比べてなぜビットコインは価格が高騰するのか?理由はいくつかありますので解説します。

理由1:ビットコインは基軸通貨

ビットコインは他の仮想通貨を買う際の基軸通貨として使われています。

例えばバイナンスという中国の取引所は仮想通貨の取り扱いが100種類以上あります。

バイナンスで仮想通貨を購入する際にビットコインを仮想通貨を購入するために使います。その為ビットコインの購入が増え価格が高騰する要因となっています。

理由2:ビットコインの高いネームバリュー

「仮想通貨=ビットコイン」と思っている人はまだまだ世間に多くおり、それはビットコインのネームバリューの強さを物語っています。

例えば国内の取引所のZaif(ザイフ)ではビットコインの購入はマイナス手数料となっておりビットコインに投資しやすい環境が整っているとも言えます。

理由3:ビットコインのハードフォーク

ビットコインは今まで多くのハードフォークをしてきました。ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、ビットコインダイヤモンド、スーパービットコインなど10種類以上にのぼります。

ハードフォークした新しいビットコインも高い人気を誇ります。

ビットコインはハードフォークするたびに価格は高騰しますので注目が集まり続けています。

ビットコインは今後も高騰していくのか

ビットコインが誕生してから10年以上が経ちますが、現在でも時価総額1位を独走しています。今後、様々な仮想通貨が誕生してビットコインの人気を塗り替える日は近いかもしれません。

ただ10年以上も高い人気を誇るビットコインの今後の展開は注目に値します。

仮想通貨の今後