仮想通貨の今後

ビットコインの現在と1年前を比較することで現状を把握する

ビットコインの現状

「最近ビットコインを始めたけどよく分からない」、「2017年みたいな簡単な相場じゃないのかぁ」などのような疑問を感じていませんか?

そこで今回は、ビットコインの市場を1年前と現状を比較します。そうすることで、ビットコインがどのような変化・推移してきたのか理解できるでしょう。

ビットコイン取引を始めたけれども、なかなか感覚を掴むことができない人は今回の記事を読んで市場を読み取る基礎的な力を養いましょう。

ビットコインの現状

初心者でも、現状の相場を見ただけで理解できる方もいます。

いわゆる投資センスのある人です。しかし、誰もがそういったセンスを持っているわけではないので、基本的に過去の相場や市場などを分析して現状を把握します。

ですので、今回はビットコインを現状と1年前に分け、価格や時価総額、取引高などの項目に分けて比較紹介しつつ解説します。

また、2018年を基準にするので、1年前は2017年のことを指します。

ビットコインの価格

まず、ビットコインの価格から紹介します。2018年からビットコイン取引を始めた方は、ビットコインが下落傾向であったり、時々上昇したりと難しい印象を受けるでしょう。しかし、2017年から取引を始めた方はビットコインを簡単な相場としてイメージしている場合が多いです。

では、その理由とそれぞれの時期の現状について解説していきます。

1年前のビットコイン

1年前のビットコインは、基本的に年間を通して右肩上がりの相場でした。

従って、仮想通貨初心者といっても、投資の知識を覚えていない方がビギナーズラックのような感覚で、大きな利益を上げる事ができました。

そしてビットコインの価格ですが、1月はなんと86,000円台でスタートしています。最近ビットコイン取引を始めた方には驚きでしょう。そして、そこから基本的に下落をせず、6月頃には約3倍の25万円台に到達します。

12月は、多くの仮想通貨投資家が利益を出した、200万円を突破しました。

現状のビットコイン

現状のビットコイン相場を1月から見てみましょう。

1月は、2017年末頃の暴騰の反動で、暴落し100万円台からスタートしました。1月の価格は、2017年の中頃と同じ水準でしたが、ここから4月手前まで安値基準で60万円台まで下がります。

しかし、4月に入ると確定申告時期が抜け、5月初めまで一時100万円を超える上昇となりました。そして、再び下落相場となり現状では67万円台で推移しています。

ビットコインの時価総額

ビットコインを深くしるためには、1年前と現状の時価総額を知っておく必要があります。

時価総額は、その仮想通貨市場にどれだけの資金が流入し、取引されているかのバロメータとして活用することができます。

従って、単純に時価総額ランキングを見て、1位だから安心と思わないようにしましょう。

1年前のビットコイン時価総額

2017年1月のビットコイン市場は、現在よりもマイナーな市場であり「商品」として扱われていました。また、後述でも紹介しますが2017年4月まで、国内では法的にも通貨として扱われていません。

1月の時価総額は、2,3兆円でしたが右肩上がりの相場に沿って増額していき、5月頃には、3兆円を達成します。

そして、1BTC=200万円を突破する頃には、20兆円台を記録しますがその直後にビットコインバブルが弾け、18兆円台まで低下します。

2017年10月頃の時価総額と同じ水準となります。

 

現状のビットコイン時価総額

2017年末頃に暴落相場となったので、2018年1月は18兆円台の時価総額からスタートします。

そして、1月中頃に投資家なら誰もが知っているコインチェック事件が発生し、それまで18兆円台をキープしていた時価総額が2017年10月前後の水準まで下がっていきます。

現状の時価総額は、約11兆円と実は2017年10月頃の時価総額とほぼ同じ水準で推移しています。

ビットコインの取引高

ビットコイン初心者の方は、取引高について注目したことはありますか。取引高というのは、出来高とも呼ばれていますが簡単に説明するとある期間の取引量を数値化・グラフ化したものです。

取引高は、時価総額と同じようにビットコイン市場にどれだけの資金が入ってきて、どの期間にどれだけの取引が行われたか分析する際に必要となります。

また、今回紹介する取引高は、国内全ての取引所を合算した金額になります。

1年前のビットコインの取引高

2017年1月のビットコイン取引高は、約3,052億円でスタートし、この時点ではまだ割安の水準といえました。また、同年6月頃までこの水準で取引高を記録します。

取引高が変わるのは、7月頃からで4,000億円と突破し、その後も順調に推移し11月には4兆円弱まで成長します。そして12月には上場以来最高金額の、5兆8,000億円台を記録し現時点でも破られていません。

現状のビットコインの取引高

2018年、現状のビットコイン取引高は、1月に4兆3,000億円台からスタートします。

取引高だけで比較すると、1月の時点では前年の下半期後半頃の水準を維持していたことが分かります。

ただ、2月には2兆円台まで下がり、取引高の記録を見ても多くの投資家が資金回収を行った時期となります。その後も取引高は下がり、現状のビットコインは1兆5,000億円台です。

ビットコインの取引所数

ビットコインの分析をする為には、周辺環境も確認する必要があります。

例えば、取引所の数です。

もし、ビットコインが活発に取引されているのであれば、注目度が上がり取引所も増加傾向になります。

そこで、ビットコインを取り扱っている国内取引所数について紹介します。ちなみに、認可済みを基準とする為、2017年4月以降、現状の方は現時点での取引所数を参考とします。また、有名な取引所のみをピックアップします。

1年前のビットコインの取引所数

1年前からビットコインを取り扱っており、認可済みの国内取引所の数は13ヶ所となります。

上記が1年前に、金融庁認可済み取引所として運営していました。

現状のビットコインの取引所数

現状の取引所数は、廃業とまではなっていないという基準で見た場合は、1年前と同じく13ヶ所。

ただし、数は同じでもLemuriaは既に廃業し、新たにDMM Bitcoinが1月に運営を始めました。

また、コインチェックは、1月の事件により新規口座登録を停止中ですし、それだけでなく現状ではビットフライヤーやザイフなど運営しているものの、業務改善命令を受けた取引所が半数以上あります。

ビットコインに関連する法律

ビットコイン初心者の中は、上場してから法規制が敷かれていると考える方もいるでしょう。

しかし、ビットコインを含む仮想通貨に関する法改正が施行されたのは、2017年4月1日からです。そこで、法改正される前後の違いについて紹介します。

1年前のビットコインに関連する法律:資金決済法なし

正しくは、改正資金決済法ですが、こちらが施行されたのは2017年の4月1日からです。

それまでのビットコインを含む仮想通貨は、扱いが「資産」として定められていました。なぜなら、当時は今よりも知名度・信頼性が低かったので、国からも通貨として認められていませんでした。

簡単に説明すると、モノやサービスと交換できる仮想通貨=デジタルな資産・モノという扱いです。

現状のビットコインに関連する法律:資金決済法あり

改正資金決済法が施行された後は、ビットコインは1号仮想通貨という名称で「通貨」として定められました。

また、ちなみにアルトコインはビットコインと交換できる「通貨」(2号仮想通貨)です。

国内でも正式に通貨として認められたので、その立ち位置が明確になり企業も事業に用いやすくなりました。

雑所得としての取扱い

改正資金決済法を知る上で、欠かすことのできないことが所得税の所得区分です。通貨として認められたので、株式同様損益通算できるようになったかと思いきや違います。

こちらもチェック  仮想通貨に関連するビジネスを徹底解説!

ビットコインを含む仮想通貨は、全て雑所得として区分され損益通算がありませんし、累進課税(所得の大きさに比例して税率も高くなる)ですので、現状の課題として多くの投資家から改善が求められています。

ビットコインの印象・評判

ビットコインの印象・評判も1年で大きく変わりました。

そこで、一般的な評判を簡単にまとめて紹介していきます。ビットコインの評判によって、資金流入や企業の参入にも大きく関わりますよ。

1年前のビットコインの評判

1年前の評判は、一般の方の多くは知らないもしくは怪しい商材的な扱いをしていました。

そして、株式などの投資家からは投機的な商品であって、価値はないなどのような厳しい意見もありました。

しかし、徐々にビットコインが注目を集めると、主に一般の方を中心に株式などと同様に投資商品として購入する事例が増えました。いわゆる成長期といえる時期でした。

現状のビットコインの評判

現時点では、ビットコインは仮想通貨市場の「基軸通貨」、またはブロックチェーン技術を活用した新たな社会インフラの基などのように、1年前と比較して好印象となっています。

一方で仮想通貨投資家からは、リップルやイーサリアムなどと比較されるようになり、トランザクションが遅い・送金時間が長いなど技術的に厳しい意見も目立っています。

また、その背景には、スケーラビリティ問題などが含まれていると考えれられます。

ビットコイン自体の価値は安定期に入っている

株式投資などでもよく出てくるパターンですが、上場してしばらくは認知度が低く、ある時にバブルのように急騰します。それが、1年前の相場です。

そして、バブルの時期が過ぎると一旦下落しますが、投機的なユーザーが減った代わりに企業や技術的価値に気付いたユーザーが増える傾向にあります。

従って、これからはビットコインの潜在的価値を重視した取引が増加する傾向にあるので、長期的に上昇する可能性があります。

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

仮想通貨の今後