仮想通貨の今後

ビットコインの現状とは?ビットコインを取り巻く状況を調査!

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコインの原状が気になる方
✔ ビットコイン投資を始めようとしている方
✔ ビットコインで儲けようとしている方

「2017年はテレビで盛んに取り上げられていたけど、今はどうなんだろう・・」、ビットコインは、2017年に200万円を超える価格を記録した後に下落していきました。

ビットコイン相場は、2018年に入り難しい動きが続き多くの投資家が、現状について正しく理解していると考えているでしょう。

そこで今回は、ビットコインの現状をテーマに、周辺状況について解説していきます。

この記事の要約
  • 2017年は上昇、2018年はレンジ相場で推移
  • 短期取引ならテクニカル分析が有効
  • ビットコインは成長市場であり多くの投資家が期待している
  • ビットコインの普及次第では相場の急騰・長期上昇が期待できる

ビットコインの現状とは?

ビットコインの現状を、価格と取り巻く周辺状況から解説します。

ビットコインといえば、2017年に長期上昇相場となったことで、テレビや新聞などでも取り上げられました。しかし、2018年初頭は下落からスタートし、コインチェック事件などで、ネガティブ要因が取り上げられた後は、注目される機会が減りました。

ビットコイン相場は2018年現在も動いていますから、冷静に見極めることが大切です。

ビットコインの現状の価格

ビットコインの現状を把握する上で、現状の価格について知っておくことが基本となるでしょう。ファンダメンタル分析を中心に行う人でも、価格推移や現状の価格が割安か割高か分析します。

2018年のビットコインは、レンジ相場で推移しているといえる現状です。2018年11月5日時点の価格は、1BTC=約725,000円で推移しており4月の安値のラインと同等の価格帯です。

この相場から、2017年とは大きく違うことが分かります。

  • レンジ相場で推移
  • 2018年11月5日時点で1BTC=約725,000円

ビットコインを取り巻く現状

続いて、ビットコインを取り巻く現状を日本とアメリカ、2ヵ国から考察してみましょう。ビットコインは、取引所によって市場が異なっており、国が違えば更に状況が変わります。

また、ビットコインの性質上、世界中の出来事が各国の取引所へ影響を及ぼすため、日本の取引所のみで判断していてはいけません。

それでは、ビットコインの現状を日米2ヵ国からご紹介します。

日本のビットコインの現状

2018年の現状ですが、取引所に対する規制は強化されています。なぜなら、コインチェック事件が1月に発生し、その後も各取引所のセキュリティに関して問題が発覚しているからです。

ただ、問題のない取引所に関しては、現在も通常通り営業していますし、問題を指摘された取引所も改善へ動き出しています。

ビットコイン取引が健全に行えるようにするための措置ですから、良い方向性といえるでしょう。

アメリカのビットコインの現状

アメリカもビットコインを比較的容認している国の1つで、2018年時点では全人口の3%前後は利用しているとされています。また、アメリカ初の政府の認可を受けた仮想通貨取引所、コインベースの運営も継続しています。

ビットコイン決済については、決済可能な店舗も増えており大手チェーン店でも、サービス展開しています。

しかし、州ごとに規制に関する状況が違っており、現状は統一されたルールは設けられていません。

日本 ・取引所の規制強化
アメリカ ・全人口の3%が利用
・ビットコイン決済可能な店舗やサービスの拡充

ビットコイン投資の現状

続いては、ビットコインの投資に関する現状を解説していきます。ビットコインの投資に関する現状とは、取引量や市場全体がどのように推移しているかということです。

ビットコインの現状を知るためには、市場がどのように動いているか把握することも必須ですし、価格予測にも重要な指標となるでしょう。

今回は10月のビットコインとドルの取引量について、現状をご紹介します。

ビットコインの投資状況

2018年10月のビットコイン/ドル市場を見ますと、10月11日・15日前後に出来高が急増していますが、直接関係する事象が起きていません。

しかし、出来高急増と価格急騰を記録しました。

現状では、原因となる事象を見つけることが難しいですが、テクニカル分析では理論的に説明が付く値動きもあります。ビットコインを短期取引する場合は、テクニカル分析で考えるのがいいでしょう。

(引用:https://www.cryptocompare.com/coins/btc/analysis/USD

期待される2018年以降の状況

完成された通貨に見えるビットコインですが、現状では成長市場であり多くの投資家に期待されている状況です。従いまして、2018年以降もビットコイン市場は、成長・発展していくのではないかとも予測されています。

ビットコインが今後期待されている理由の1つは、需要が更に増加するという点でしょう。まだまだビットコインは普及しきっていませんから、発展と価格上昇の余地があると考えられています。

ビットコインの現状はひとまず落ち着いているが今後も成長が期待されている

この記事のまとめ
  • 2017年は上昇、2018年はレンジ相場で推移
  • 短期取引ならテクニカル分析が有効
  • ビットコインは成長市場であり多くの投資家が期待している
  • ビットコインの普及次第では相場の急騰・長期上昇が期待できる

ビットコインの現状について、簡単に解説してきましたが比較的落ち着いた相場ということが分かります。

2017年は年間を通して上昇していましたが、2018年はレンジ相場で推移しています。また現状では価格変動に対して、原因が掴めないパターンもあり難しい相場といえるのではないでしょうか。

しかし、ビットコインは一般社会に普及しきっていませんから、今後の普及次第で再び急騰・長期上昇相場が期待できるでしょう。

初心者におすすめの取引所はbitbank

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うので、取引所によって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitbank」はネットでも有名な有識者、与沢翼さん、イケダハヤトさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、手数料ゼロキャンペーン実施中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitbank以外の取引所に登録してしまった人は、bitbankで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitbankを見てみる

仮想通貨の今後