仮想通貨の基礎

コインチェックが新たに発表したIEOとは?ICOとの違い、ユーザーへの影響まで解説

この記事を読んでほしい人
✔ IEOとは何なのか知りたい方
✔ IEOとICOの違いを知りたい方
✔ IEOが投資家にとってどのようなメリットがあるのか知りたい方

「コインチェックが発表したIEOって何?」「IEOってICOとは何が違うの?」といった疑問を持っている方はいませんか。

2019年8月22日、コインチェックが発表したことで一躍話題となったIEOですが、IEOとはそもそも何なのか、知らない方も多いのでは?

そこで今回は、IEOの概要やICOとの違いを説明するとともに、投資家である私たちが実際に享受できるメリットについてお伝えしていきましょう。

この記事の要約
  • IEOは、資金調達をしたい企業や団体が、仮想通貨取引所にトークン発行を委託して資金調達を行う方法
  • IEOはICOと違って仮想通貨取引所がトークンの管理を行うため、詐欺が起こりにくく、その仮想通貨取引所で上場される可能性が高い
  • IEOで投資家が享受できるメリットとして「リスクを抑えて投資できる」「ICOと同様にハイリターンが期待できる」「情報を手に入れやすい」などがある
  • 海外では頻繁に行われているが、日本ではコインチェックがはじめてIEOを実施すると発表した

IEOとは?

IEOとは、「Initial Exchange Offering」の略称。企業や団体などの資金を必要とする発行体が、仮想通貨取引所にトークンの発行を委托して資金調達を行います

IEOとは

仮想通貨取引所が主体となり資金調達を支援

IEOでは、企業やプロジェクトなどのトークンを発行する発行体ではなく、仮想通貨取引所が主体となってトークンを販売。

  • コストの削減
  • コミュニティの形成や独自の経済圏を作ることが可能
  • エクイティの分配が必要でない

発行体のメリットとしては、ICOと同じように上記のような点があげられます。

ICOとの大きな違いー責任の所在が明確

ICOは「Initial Coin Offering」の略。企業やプロジェクトが仮想通貨を新たに発行し、それを投資家に購入してもらうことで資金調達を行うという点で共通しています。

一方で大きな違いとしては、責任の所在が明確という点。

  • ICO:トークンを発行するのが企業やプロジェクトであり、公共性の高いブロックチェーン上で行われるため、責任の所在が曖昧である
  • IEO:トークンの管理を取引所が行い、発行後も取引所に上場することが考えられるため、責任の所在は大部分が取引所にある

これにより、ある程度の信頼性が担保されるというのが大きなメリットです。

海外での事例はあるが日本では初の試みとなっている

日本ではなじみの薄いIEOですが、海外ではBinanceやHuobiをはじめとした大手取引所が取り扱っており、たくさんのプロジェクトや企業が発行主体となっています。

IEOの調達額

オンチェーン・キャピタル創設者のRan NeuNer氏の調査によると、2019年には調達額は上のグラフのように大きく増加

今回、日本の取引所であるコインチェックがIEOの取り扱い予定を発表しましたが、これは日本では初の試みです。

IEOの特徴

2019年最もホットな資金調達方法ともいえるIEOですが、どのような特徴があるのでしょうか。

取引所が審査を行う

IEOでは、トークン発行主体である企業などの安全性や、プロジェクトの将来性などを仮想通貨取引所が責任を持って審査

この点で、投資家にとっても発行体にとっても信頼性が担保され、取引を安全に行うことができる可能性が高くなります。

審査を行う取引所も、自分たちの評価や評判がかかっているため適当な銘柄を通すわけにはいきません。

詐欺が起こりづらい

ICOでは、プロジェクトチームの発行したトークンを投資家に直接販売するため不透明性が高く、調達した資金の持ち逃げなどの詐欺が起こる可能性があります。

しかし、IEOでは信頼のおける大手取引所が仲介役に入るため、こういった詐欺が起こるリスクを最小限に抑えることが可能です。

IEOを行う取引所への上場が期待できる

IEOを行なった後は、そのトークンがIEOを実施した取引所に上場されることが考えられます。

これにより、発行後の先行きが不透明なICOとは違い、安心してトークンを購入することができるでしょう。

上場まで見据えた形で選抜されたマイナーコインに投資できるというのが、IEOの大きなポイントです。

IEOの投資家向けのメリット

実際に投資家である私たちが享受できるメリットには、どのようなものがあるでしょうか。

ICOよりもリスクを抑えて投資できる

責任の所在が不明瞭で上場後の先行きが不安なICOとは異なり、IEOでは大手取引所の信頼性のもとで、リスクの低い投資を行うことが可能です。

これまでICOのハイリスクが気になり、なかなか手を出せなかった方も手軽に参加できるようになるでしょう。

ICOと同じくハイリターンを得ることが可能

ICOの魅力は、なんといっても上場前の安い価格でトークンを購入することで、大きなリターンを得ることができる点。

これはIEOでも共通であり、同様のメリットがあります

海外取引所BinanceのIEOではトークンの価格が17倍になるなどの例もあり、一躍億万長者になることも夢ではありません。

ICOよりも参加しやすく情報が手に入れやすい

ICOは発表から投資家集めまでを発行体が行うため、情報が手に入れにくいのはもちろん信憑性も低く、また購入にも手間がかかります。

一方でIEOは取引所が手続きを行うため、取引所に口座を持っているだけで情報を入手し、トークンを購入することが可能

仮想通貨初心者の方も、参加しやすくなるでしょう。

コインチェックで実現するIEOプラットフォーム

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコインネムステラルーメン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

コインチェックの元代表であり、現在は開発責任者としてプロダクトを牽引する和田氏は以前NewsPicksの取材に対して、もっと多くの通貨を上場させたいと発言をしていました。

IEOで多くのプロジェクトが生まれることによって、今後コインチェックで取り扱いを始めるコインが増えていくことが予想されますね。

IEOが新たなトレンドとなるか

この記事のまとめ
  • IEOは、資金調達をしたい企業や団体が、仮想通貨取引所にトークン発行を委託して資金調達を行う方法
  • IEOはICOと違って仮想通貨取引所がトークンの管理を行うため、詐欺が起こりにくく、その仮想通貨取引所で上場される可能性が高い
  • IEOで投資家が享受できるメリットとして「リスクを抑えて投資できる」「ICOと同様にハイリターンが期待できる」「情報を手に入れやすい」などがある
  • 海外では頻繁に行われているが、日本ではコインチェックがはじめてIEOを実施すると発表した

さて、IEOの概要やICOとの違いを説明するとともに、投資家である私たちが実際に享受できるメリットについてお伝えしてきました。

2017年、仮想通貨ファンが大量に草コインに投資をしたICOブームは記憶に新しいところ。多くの課題や詐欺プロジェクトが発生しましたが、一攫千金を目指して投資をした人が多かったのも紛れもない事実です。

コインチェックが検討をはじめたというIEOが、また仮想通貨業界を盛り上げてくれる一役を担ってくれると期待して、今後の動向をチェックしていきましょう。

仮想通貨の基礎
初心者が安全に仮想通貨投資をするにはGMOコイン

これから仮想通貨投資をするならGMOコインがおすすめ

GMOコイン

セキュリティ体制が万全、とにかく大手で安心して取引出来ます!

GMOコイン公式サイト