仮想通貨比較

仮想通貨LISK(リスク)とは?特徴と将来性・取引所と買い方

この記事を読んでほしい人
✔ Lisk(リスク)の投資を始めようとしている方
✔ Lisk(リスク)で儲けようとしている方
仮想通貨、およびLisk(リスク)の基本的な知識を得たい方
この記事の要約
  • Liskは日本でも人気がある仮想通貨
  • 独自のブロックチェーンが特徴的で技術的にも優れている
  • アップデートや改善にも熱心で今後が期待できる

これからLisk(リスク)の購入をする方は、「bitFlyer(ビットフライヤー)」。他の仮想通貨も購入するなら「bitbank(ビットバンク)」がおすすめです。

LISK(リスク)の概要

Liskはスマートコントラクト(決済の自動化)の実現を目指した分散型プラットフォームです。

マックス・コーデックス氏がLisk財団を設立し、開発されました。2016年にICOをして資金調達をしています。Liskはイーサリアムと同じく、プラットフォームです。

プラットフォーム内で利用する仮想通貨のことをLISK(リスク)と言います。

通貨単位はLSKで総発行枚数は無限です。

マイクロソフトと提携するという発表も話題になりました。

スマートコントラクトとは?

リスクには、イーサリアムと同じスマートコントラクトという技術が使われています。

スマートコントラクトとは契約を自動で行うことができる技術のことです。

契約の条件が満たされると、同時に支払いや取引が実行されることだと思ってください。

スマートコントラクトを自動販売機に例えると自動販売機は

  1. お金を入れる
  2. 買いたいドリンクのボタンを押す
という条件を満たすことで「自動的にドリンクを提供する」という契約が実行されます。

中間業者がいないことによるメリット

自動販売機によって、人がいなくてもドリンクが買えるようになったように、スマートコントラクトの技術を使うことで中間業者をなくすことができます。
例えば、音楽のCDを1枚売ったとして、そのマージンはアーティストに全部入ってくるわけではありません。レコード会社や小売店などいろんな中間業者をはさむので、アーティストに入ってくる金額はごくわずかです。
スマートコントラクトの技術を使えば、中間業者がなくなるので、アーティストは通常より多くの利益を得ることができます。

 

スマートコントラクトはこのように社会を変える可能性を秘めた技術とも言えます。

他の通貨にはないLisk(リスク)の特徴

簡単にまとめると、

  • 独自のブロックチェーン
    (アプリを開発できるプラットフォームを提供している)
  • JavaScriptという人気のプログラミング言語を使用
    (多くの人が集まって、通貨や技術を活用するはず!)
  • サイドチェーン技術を取り入れている
    (メインのブロックチェーンの処理能力の速さを維持している。)

LISK(リスク)はイーサリアムと同じ分散型プラットフォーム

リスクとイーサリアムはどちらも分散型のプラットフォームです。

独自のブロックチェーンのプラットフォーム上にDApps(Decentralized Apps)=アプリが開発されていきます。

iPhoneのApp Storeを想像してみてください。iPhone用のInstagramのアプリはAppstoreでダウンロードしますよね。

同じようにLiskのプラットフォームの上に新しいアプリが構築されていきます。

 

Javascriptを利用している

リスクといえば、Javascript(ジャバスクリプト)で開発されています。

なぜこれが特徴的なのか。

IT系の人には馴染みがありますが、Javascriptは一般的なウェブサイトやシステムを開発するときにも使われる、開発言語の一つです。

※カナダのシンクタンクによる調査で、開発言語の中でトップ10にJavascriptが入っています。

つまり、かなり一般的に使われる言語の一つです。

イーサリアムが採用している「Solidity」に比べるとかなり開発者の裾野が広い。多くの開発者が参入することが期待されています。

サイドチェーン技術で処理能力向上

リスクはサイドチェーンの技術を活用している点も特徴的です。

イーサリアムはメインのブロックチェーンにコードを書きますが、リスクはメインのブロックチェーンとは別にサイドチェーンを使って取引処理を行います。

スケーラビリティを確保できる

サイドチェーンがない場合、一つのメインのブロックチェーン上で複数のアプリ(DApps)が実行されることになり、負荷がかかります。一方で、Liskでアプリを開発する場合はメインのブロックチェーンとは独立をしたサイドチェーン上で処理がされます。

どれだけ、Liskのプラットフォームに参加するアプリが増えても、メインのブロックチェーンの負荷を抑え処理性能を維持することができます。

アプリ開発者に柔軟性を提供する

サイドチェーンでは、簡単に言うと独自のルールでブロックチェーンを運用することができます。『誰が承認すれば取引成立とする』など、プライベートチェーンのような中央集権的なコントロールができます。

Lisk上のそれぞれのアプリはサイドチェーンの中で、独自のシステムを提供します。

つまり、それぞれのサイドチェーンで何か問題があったとしても、メインのブロックチェーンとは別のものなので影響が及ぶことはありません。

他の通貨に比べてセキュリティが高いのは、この理由です。

開発者のKordekさんの言葉から可能性を感じる

コルデック

“allow us to be extremely scalable. We can support thousands and thousands of decentralized applications because every decentralized application runs in its own sidechain. With the sidechains, our mainchain stays extremely lean and efficient because it doesn’t get polluted with all the dapp data.”“Additionally, with the current Ethereum craze we also see that blockchain-based applications are the next big thing. Lisk is the only platform which supports the most widespread programming language – JavaScript. So we can directly go into existing programming communities and show Lisk.”

簡単にまとめると…

メインのブロックチェーンは効率的に動かしたまま、サイドチェーン技術で何千ものアプリを支援することができるのです。これがLiskのスケーラビリティを支援してくれています。

また、Liskは人気の高い開発言語であるJavascriptを採用している唯一のプラットフォームです。すでに活躍しているJavascriptの開発者コミュニティとつながることで無限の可能性を感じています。

(まとめ)リスクはリブランディングで何が変わったのか?

リスクは2018年2月20日頃にリブランディングを行う予定です。

2月20日にリブランディングが行われました。

(youtubeで見れますが、全部見るのは長いので、おすすめしません。。代わりに内容をサマリーでお伝えします。)

新たなロゴやウェブサイトを発表

LISKロゴ

左が旧ロゴで、右が新しいロゴです。ウェブサイトも一新したようですね。

これは見かけの部分なので、正直あまり重要でないと思っています。

開発者を育成するLisk Academyのローンチ

開発者の育成やブロックチェーン技術に対するリテラシーの向上のために開設したブロックチェーンを学べるオンラインコースです。Liskアカデミー

Liskは上で説明をしたように、アプリケーションが開発できるプラットフォームです。より多くの技術者がブロックチェーン技術に触れて、より多くのアプリを開発してくれることがLiskにとっての発展なので、このような取り組みを行っているのでしょう。

動画や図表もたくさんあって、わかりやすいです。英語が得意な方にはおすすめします。

 

本当に注目すべきは、開発状況の報告

動画の1時間4分あたりから開発状況の報告が見れます。

リスクのリブランディング

Liskを本当に拡張性(スケーラビリティ)があって、誰もがアクセスできるブロックチェーンアプリケーションプラットフォームにするためにLisk Core 1.0に取り組みました。

以下の5項目はほとんど開発が完了しています。

  • 新しいAPIとデザイン→サイドチェーンのための統一したAPIを提供してより多くの開発者が入りやすいようにした
  • p2pの転送レイヤー改善→接続性を向上させて、ブロックの作成遅延を減らす
  • データベースレイヤーの書き換え→ブロック処理の効率性を向上
  • 64バイトのデータフィールドの追加→取引の記録で取り扱えるデータを増やした
  • Lisk本社でのチームの構築→継続的に品質の維持、コードも常に改善

とにかく、『スピードよりもクオリティを重視』しているとのことで、このLiskのコア開発も現在テストの4−6週間後にリリースを予定しています。

真のリブランディングは3月下旬から4月上旬あたりか

このリリースが本当のリブランディングと呼べるかもしれませんので、注目です。

2月20日の4〜6週間後なので、3月下旬から4月上旬あたりがXデーとなりそうですね。

リスクは買いなのか?

リスクは長期的には買いです。

仮想通貨ブームにより価格はあがっていますが、Lisk(リスク)の本当の進化はこれからです。

Liskはプラットフォームであり、多くのアプリがこのプラットフォーム上に増えていくことでどんどんと価値が増していきます。

将来のAppleになるかもしれない

AppleはiPhoneなどの商品自体の魅力だけでなく、iTunesにある音楽や、Appstoreにあるアプリが増えれば増えるほど、そのプラットフォームとしての価値を増していきました。

一旦主要なプレーヤーになってしまえば、急にその立場を失うこともありません。

Appleは上場時の時価総額が、17億7800万ドルで、2018年8月には、時価総額が1兆ドル(約112兆円)を超えた世界初の上場企業となりました。

仮想通貨ほど値動きが激しくない株式でもその価値が525倍になっています。

リスクはどこで購入できる?

リスクを買うおすすめの取引所は、bitFlyer、もしくは海外大手の取引所Binanceで取り扱っているので、ここで買うのもおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

Binance(バイナンス)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムネムリスクビットコインキャッシュ+100コ以上
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(-0.05%~0.3%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(5.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

リスクの概要

項目 内容
通貨名称 リスク(LSK)
通貨の概要(一言で) 分散型アプリケーション形成プラットフォーム
開始年 2016年5月
開発組織(開発者) Max Kordek
アルゴリズム DPOS
初期発行枚数 / 発行上限 発行上限なし
半減期 1年ごと
時価総額 約2,748億円 (2018/1/5 時点)
この記事のまとめ
  • ビットコインはもっとも知名度が高い仮想通貨
  • 非中央集権のコンセプトのもと管理されていて、新しい時代を作る
  • 決済や実生活でも利用が開始されている
  • 年末に価格があがりやすい傾向がある

これからビットコインの購入をする方は、「bitbank(ビットバンク)」がおすすめです。

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

仮想通貨比較