仮想通貨比較

エイダコイン(ADA)の特徴・オススメの理由・詐欺コイン?

この記事では一時期「詐欺コイン」と噂された仮想通貨「カルダノ エイダコイン(ADA)」についての情報をまとめています。

 

cardano

エイダコイン(ADA)の概要

Cardanoカルダノ・エイダコイン(ADA)(以下、エイダコイン)は、

Cardano」と呼ばれるオープンソースのプログラムを用いて開発された仮想通貨です。

2017年9月29日にリリースされました。

開発目的

全世界に存在すると言われている

国家によって身分が保証されていない30億の人々」が自分の資産を守り、貯蓄をする事ができるようにするための

財布=個人ID

を作ることです。

つまり、今まで生まれながらにしてIDを持たない人々に対して、社会参加を促し、公的な仕事をしたり、公共のサービスを利用したり、様々なチャンスを掴むきっかけを与えることができるということです。

第三世代を狙う新しい仮想通貨

Cardano」と呼ばれる基盤システムを全世界の広範囲に流布すべく、そのシステムの安全性の高さを売りとしたオンラインカジノでの公正で安全な取引が主な利用方法として考えられていました。

現在は独自のシステムの優位性から汎用性の高いプラットフォームへの道へと開発の方向性が変化し、

第一世代ビットコイン、第二世代イーサリアムに次ぐ、第三世代の仮想通貨として開発が進められています。

開発/運営

エイダコインは、以下の3つの団体によって開発、管理されています。

 

さて、ここでいきなりですが、

 

このサイトを見に来られた皆さんが知りたい事、それは・・・。

 

ぶっちゃけエイダコインってどうなの??

 

という事ではないでしょうか?

 

はい、しっかりお答えします。

 

一言で言えば、

 

かなりアツい!のではないかと思っております。

 

なぜそう思うのか?

 

その理由を順に見ていきましょう!

 

アツい!理由①:IOHK設立者はイーサリアムの開発者 チャールズホフキンソン

チャールズホスキンソン

チャールズホフキンソン氏

FinTech業界の大物であるホスキンソン氏がシステム開発に携わっていることは、

今後の開発の実現可能性が底上げされ、開発予定の機能が実現される可能性も高いと言えます。

機能が少しずつ社会に浸透し、利用者がに増加し、一般的に使用される機会が増えれば増えるほど更にエイダコインの価値が上がることが予想されます。

 

アツい!理由②:独自の高い技術力で開発されている

コンピューター, 計算機コード, プログラミング, リンク, コーディング

独自のマイニング

根幹のシステムであるカルダノにはOuroboros(ウロボロス)と呼ばれる独自のPoS(Proof of Srake)方式を採用しています。

PoSは大量のマイニング専用マシンを用意した企業や、先行した投資家が有利の「Proof of Work」とは違う方式で、BitCoinの課題とする取引の処理能力が改善されているとのことです。

詳細について知りたい方は以下のサイトをご覧ください。

Ouroboros(ウロボロス)について (日本語)

 高いセキュリティ性

元々セキュリティ面で高い評価を得ているブロックチェーンでは安全性が担保されることが優位性の一つでした。

しかし、従来のコンピューターの1億倍の計算能力を有すると言われている「量子コンピューター」の登場によって、容易にパスワードが突破されてしまうことへの恐れがあります。

そうした問題に対してエイダコインはパスワードを使い捨てにする耐量子コンピューター電子署名方式という仕組みを採用し、未来の脅威に対しても先手を打っています。

アツい!理由③:生活に密着した利用イメージ

お金, カード, ビジネス, クレジットカード, 支払う, ショッピング

ATMでの活用

エイダコインは日本円、米ドルなどの法定通貨と同様に、一般社会の中で汎用的に使用される仮想通貨を目指しています。

送金や店舗の支払いはもちろん、ATMでの引き出しも可能になるとのことです。

実際にATMに関しては、日本国内で自動両替して引き出せる機器を2018年内に25台設置予定で、その他もこれからサービスの詳細が発表される予定となっています。

デビットカードでの活用

デビットカードによる「ADAでの支払い」が行えるようになる予定です。

カードの申請&取得を行うことによりダイダロスウォレットを介してデビットカードにADA を送ることができます。

送金されたADAは利用者が選んだ通貨(日本円や、米ドルなど)に自動変換され、そのままショッピングに使用できます。

残高も専用アプリで確認が可能になるとのことです。

アツい!理由④:利用者の多い日本人向けのコンテンツが充実

日本語音声付きの動画が数多く配信されており、システムの開発目的エイダコインの使用用途が分かりやすく説明されています。普段忙しく時間が取りづらい方でも、動画であれば短時間で深く理解することができます。

ご存知の方も多いかと思いますが、現在全世界の中で日本円が仮想通貨に対して占める割合はおよそ50%と日本人にとって仮想通貨は非常に高い関心事であるがあることがわかります。

今後、より多くの日本人が仮想通貨に興味を持ち、投機・投資を行っていくことを想定すると、日本語での解説や説明のコンテンツは非常に有効です。

そのほかにも、前述の通りオンラインゲームを目的としていたため、オンラインカジノの他にもエイダコインで課金できるスマホゲームが作成されることも容易に想定でき、ユーザーが更に増える期待が高まります。

また、あのホリエモンもこのエイダコインの技術や使用用途に期待寄せるコメントをしており、著名人達にも注目されている仮想通貨として知られています。

そういえば、なぜ詐欺コインと呼ばれたの?

繰り返された公開延期

エイダコインのプレセールの開始は2015年9月でしたが、延期に次ぐ延期でさっぱり公開されませんでした。

また、当時は現在ほど仮想通貨全体に対しての信用も高くなかったため、

『これは怪しいぞ・・。』

『まさかこのまま高跳びするのでは!?』

という不安が高まりました。

ノアコイン返金騒動と泉忠司氏の関与

ノアコイン返金騒動

ノアコインはフィリピンが国家レベルでスタートしたプロジェクトだったはずだが、後々フィリピン政府から関与を全面否定され、最終的に出資者に返金する事態となった騒動

このノアコインの旗振りをしていた人物こそ泉忠司氏です。情報商材ビジネスで多くの実績を残してきた泉忠司氏ですが、その手法をネット上では詐欺氏だと指摘する声も多かったようです。

そして、今回のノアコイン返金騒動も相まって、

『エイダコインも同様に詐欺なのでは??』

という疑惑のレッテルを貼られてしまいました。

このような経緯から、巷ではエイダコインは

詐欺コイン

と呼ばれるようになりました。

結果として、2017年10月2日にBittrexに無事上場され、その不安は杞憂に終わりました。

しかし、一部の投資家は一喜一憂に大きく疲弊したため、当時の運営について多少なり不満があるようです・・笑

結局エイダコイン(ADA)は買いなのか?

結論としては、買いです。

購入, ホーム, 家の購入, 不動産, 男, 女性, 転送, 不動産エージェント

これだけの好材料がそろっている注目株を捨て置くのは勿体無いのではないでしょうか。

やはり我々の生活に密着するような汎用性を重視して開発されていることは、今後様々なサービスや仕組みに取り入れられる可能性が高いと思います。

また、開発運営の面でも安心できる人物が関わっていること、次世代を担うシステム開発を目指いしていることが今後の飛躍の大きな要因となるでしょう。

カルダノ エイダコイン

現在のチャート図

※2018/4/20現在

仮想通貨全体の下げの動きが続いている中、急に高騰して30円近くまで盛り返してきました。

これはもしかするかも?と思ってしまいますね。

エイダコイン(ADA)を購入するには?

以下の海外取引所で取り扱っています。国内での取り扱いはありません。

  • Bittrex(ビットトレックス)
  • Binance(バイナンス)
  • Upbit

エイダコイン専用ウォレットについて

無事購入ができた後は専用ウォレットにあずけて安全に保管しましょう。

エイダコインを保存するためには「ダイダロスウォレット」という専用ウォレットが必要です。

以下のサイトからダウンロードができます。

ダイダロスウォレット公式ページ(日本語)

 

こちらのダイダロスウォレットですが、2017年年末のロードマップのアップデートにより、ペーパーウォレットに対応しました。

これにより、紙媒体にアドレスを記録し、物理的に保管庫に保存できるそうで、なんとオフラインの状態でも着金が可能で、取引の記録が残り続けるため、金庫に預けた状態でもエイダコインを引き出せるとのことです。

今後の新機能実装、追加情報が非常に楽しみですね。

他の仮想通貨も気になる方はこちらもチェックしてみてくださいね。

アルトコイン40種類を一気に解説
>>仮想通貨40種類を一覧でまとめて解説(特徴、将来性、発行上限、時価総額etc)

 

仮想通貨比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト