仮想通貨比較

ビットコインで金利収入を得るには?仕組みと始め方を解説

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコインで金利収入を得たい方
✔ ビットコインの金利収入の仕組みを知りたい方
✔ ビットコインで儲けようとしている方

「ビットコイン投資もしたいけど、株のように金利収入を得られるサービスとかないかなぁ」
ビットコインにも金利収入を得るサービスはあります。しかし、ビットコイン取引と比較すると分かりにくいイメージですよね。

そこで今回は、ビットコイン投資の金利収入サービスの仕組みから、どのようにサービスを始めるのか解説します。

ビットコインで金利収入を得たい方は、この記事を参考にして準備を始めてみるのがおすすめですよ。

この記事の要約
  • ビットコインを貸出して金利収入を得られる
  • 取引所の金利サービスを利用して始められる
  • 取引所のサービスごとに金利設定や貸出期間は異なる

ビットコインにおける金利とは

ビットコインと、金利とはどのような関連性があるのか分かりにくいですよね。また、金利の概念についてしっかり理解する必要もありますよ。

金利とは、お金を貸す側が借りる側に対して、貸し出すお金に加えて更に返済金を上乗せしたお金のことです。お金を貸す側は、金利が主な収入源となります。

ビットコインにおける金利も同様に、ビットコインを保有している人が借りたい人(保有したい人)に上乗せする追加の返済金です。

ビットコインの金利収入とは

ビットコインの金利収入とは、ビットコインを借りた人が返済する際に金利として上乗せされた返済金になります。

正確には、取引する予定のない私有財産のビットコインを、取引所に貸し出します。

そして貸し出した金額の数パーセントを年間、もしくは毎月受け取ることを金利収入と呼びます。

ビットコイン貸出で金利収入を得られるサービス

ビットコイン貸出による金利収入サービスを実施している取引所は、国内ではコインチェック取引所が行っていましたが、2018年10月時点で業務再開に向けた復旧作業中となっております。

ですので、現時点では別の取引所を選ぶ必要があります。
それでは、国内外でビットコインの貸出を行っている取引所を3つ紹介します。

  1. GMOコイン
  2. ビットバンク
  3. Poloniex

サービス1GMOコイン

サービス1つ目は、国内の仮想通貨取引所としては比較的認知度の高いGMOコインです。

GMOコインは取引所として運営しつつ、ビットコインなど仮想通貨の貸出サービスを実施しています。

貸出期間は90日~150日で、1年間の利率は5%と定率方式にて設定しており、年間の金利収入は貸出額の5%ということです。

各通貨によって貸し出せる最小数量が異なり、ビットコインの場合は10BTCからとなっています。

サービス2ビットバンク

サービス2つ目も国内の仮想通貨取引所ビットバンクです。

ビットバンクの場合は、2018年10月時点でビットコインのみの貸出ですが、今後複数のアルトコインについても同様のサービスを始める予定となっています。

貸出期間は1年間で、金利収入に重要な年利は3~5%とGMOコインとは設定が異なります。理由はビットコインの貸出数量によって、年利を変動する方式を採用しているからです。

サービス3Poloniex

サービス3つ目は海外の仮想通貨取引所のPoloniexです。

Poloniexは前述で紹介した2取引所とはサービス内容に違いがあります。

ビットバンクとGMOコインは、取引所に対して貸出を行いますが、Poloniexの場合は他のユーザーにビットコインを貸し出すサービスとなっています。

また貸出期間は2日間と短く、利率は数%と変動しています。

ビットコインの金利サービスの始め方

ビットコインで金利収入を得られる、貸出サービスを始めるためには主に3つのポイントを押さえておくといいですよ。

そこでビットコインで金利収入を得るための、貸出サービスの一般的な手順を紹介していきます。

  1. 手順1:金利サービスに登録を行う
  2. 手順2:ビットコインを金利サービスの口座に振り替え
  3. 手順3:貸出期間と数量を選択

手順1:金利サービスに登録を行う

どの取引所でも共通ですが金利サービスという別のサービスを実施しています。

ビットコイン取引をしている方は、サービス欄から貸出などの名称を探して登録作業を行います。

ただ登録内容に複雑な手続きはなく、既に取引している場合はパスワードなど共通でログインすることができます。

手順2:ビットコインを金利サービスの口座に振り替え

金利サービスに登録が完了しても、そのままの状態では貸し出すことはできません。現在保有しているビットコインを、金利サービスに振り替え作業を行う必要があります。

一般的には取引所内の口座に保管しているビットコインを移動するので、自身のウォレットに保管している場合は予め取引所の口座に入金しておきましょう。

手順3:貸出期間と数量を選択

振替作業も完了したら、最後に貸出期間と貸し出すビットコインの数量を入力することで、金利サービスが実行されます。

ちなみにですが、貸出期間や貸し出すことができるビットコインの数量は、取引所や金利サービスによって異なりますので、事前に確認することが大切です。

ビットコインを使って金利収入を得るには貸し出すサービスを利用すること

この記事のまとめ
  • ビットコインを貸出して金利収入を得られる
  • 取引所の金利サービスを利用して始められる
  • 取引所のサービスごとに金利設定や貸出期間は異なる

ビットコインは投資かマイニングによる、稼ぎ方しか知らない方も多いでしょう。

しかし、今回紹介したように、ビットコインを取引所や他のユーザーに一定期間貸し出して、金利収入を得るサービスが実施されています。

また、サービスごとに金利設定や貸出期間は異なるので、短期的に貸し出しい方はPoloniexなど、長期的な貸し出しを希望している方はGMOコインやビットバンクなどを利用するのがおすすめです。

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

仮想通貨比較