仮想通貨取引所比較

仮想通貨を買うなら!取引所と銘柄を紹介!

この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨投資に始めようとしている方
✔ 仮想通貨投資について知りたい方
✔ 仮想通貨で儲けようとしている方

仮想通貨に興味を持ち始めたばかりの人にとっては、これから仮想通貨を買うなら何をすべきか、何を購入したらいいのか、わからないのではないでしょうか?

ここでは、「仮想通貨を買うならどうすればいいのか?」について解説していきます。また、購入するために必要な、おすすめの取引所も紹介します。

「仮想通貨を買うなら何がいいの?」「仮想通貨はどこで購入したいいいの?」という基本的なことで悩んでいる人にとっては、今回の記事を参考にしてくださいね!

この記事の要約

  • 仮想通貨購入は需要のある価格帯を狙う
  • 損切の判断も必要
  • 信頼できる取引所を選ぶ
  • これから伸びる仮想通貨を見極め取引する

「いつ」「どこで」「何を」を解説します!

仮想通貨をこれから取引する人にとっては、何から始めて良いのか分からないことも多いと思います。

  • 一体いつ購入したらいいのか?
  • どこで購入したらいいのか?
  • どの通貨(何を)を購入するのがいいのか?

これから仮想通貨に参入する人に、上記の3点について詳しく解説していきます。

買い時はいつなのか?

仮想通貨が欲しい!といって、なんとなく取引してしまうのはよくありません。

多くの人は購入してから、「価格がすぐに上昇する」といった夢のようなことを考えて取引してしまいます。そのため、適当に購入し、価格が下がってしまった場合は慌てて売ってしまい、損失を出してしまうのです。

そうならないためにも、取引する際はしっかりとした根拠を持って購入するようにしましょう。購入のタイミングは、需要がある価格帯を見るのが良いでしょう。

購入ポイントを確認しよう

下記の画像を見てください。ビットコインのチャートですが、74万円付近で取引が集中しているのがわかりますか?※緑のサポートラインを引いています。左側の矢印の箇所をご覧ください。高値を抜いた後は、この高値がサポートラインとして何度も価格が止まっています。このような価格帯に価格が近づいた時が「買い時」です。右側が最新の値動きなので、ちょうど買い時ともいえますね。

ですが、絶対に価格が止まる保証がないので、価格がサポートラインを割りこみ下がっていくようであれば、「損切(損失を確定する)」をして、もう一度買い時を探る、というやり方がおすすめです。

損切は必要?

損切しなくてもいいんじゃない?という疑問もあると思います。多くの価格は下がったら、再び上昇し元に戻ることのほうが多いのです。

しかし、昨年のビットコイン相場では約200万円の高値をつけた後、現在70万円付近まで価格が落ちてしまっています。どうでしょうか?このような急激な下落は、どこまで下がるか検討もつかないのです。

まして、購入するときの根拠が「サポートラインでの購入」なので、割り込んで下がってしまった場合、ビットコインを持ち続けておくのはおかしいです。根拠が崩れているので、損切をして様子をみます。損失になりますが、大きな損失には絶対になりません。

他の買い時を確認しよう

基本的に価格が大きく下落した時はチャンスです。購入価格が安くなっているので、大量に仮想通貨を購入できるので絶好の買い時ではあります。チャートで底値を見極めて、エントリーしてみましょう。

しかし、価格が下落している時は、なんらかの原因があるので、1つ前の項目で述べた損切は考えておくといいでしょう。

例えば、リーマンショックといった経済危機の時は、価格が下がっているからといって購入すると、一方的に価格が下がり続けていってしまうので、大きな損失を生みます。価格が戻るまで、保有しつづけてもいいのですが、正直しんどいでしょう。損失は最小限に食い止め、利益は大きく伸ばすように心がけましょう。

購入のポイントは、

  • 何度も止まる価格帯を狙う
  • 下がった時は潔く損切りしよう
  • 損失は最小、利益は大きく

どこで – 取引所を解説

取引で利益をあげるためにも、取引所の選択は重要です。おすすめの取引所を解説します。

レバレッジ取引なら「BITPOINT」

サッカー日本代表の本田圭佑選手がイメージキャラクターの取引所で有名なので知っている人もいるでしょう。取引手数料が無料なので、何度でも取引を繰り返すことができます。

また、レバレッジ取引(預けた証拠金×レバレッジ倍率分の仮想通貨取引が可能)が25倍まで可能となっています。他社のレバレッジ倍率は5倍まで。BITPOINTは、レバレッジ取引を行うのであれば、「必須」と呼ばれている取引所です。

価格を分析する高機能チャートソフト「MT4」の使用が無料!といった、取引に最適な環境が全て整います。

スプレッドが小さい「bitabnk」

BITPOINTと同じく口座を開設して欲しい取引所がbitabnk。

手数料が無料で、スプレッド(買値と売値の差)も小さく、ほかの取引所で購入するよりお得に購入できます。常時備えてあるチャート画面も高機能で使いやすく、価格分析には最適。また、セキュリティ面でも考慮されているので、安全面でも優れています。

大手で安心な「GMOコイン」

大手GMOグループが運営している取引所。手数料無料で、レバレッジ取引は5倍まで可能となっています。

取引面では、先に紹介した2社に劣りますが、GMOグループが運営という経営母体が強い点が大きなメリットでしょう。取引所が破綻し、仮想通貨が手元に戻ってこなくなる、というリスクはあまり考えなくてもよさそうです。

短期的な取引ではなく、長期的な取引を見据えている人にはおすすめしたい取引所です。

何を – 銘柄を解説

仮想通貨は相当な種類が出回っています。実際には、取引する価値がない通貨が多いので、取引におすすめな主要通貨について解説しておきましょう。おすすめの通貨を購入する際に最適な取引所もあわせて解説します。

価格上昇の見込み有「イーサリアム」

イーサリアムは仮想通貨の時価総額ランキング2位。ビットコインに次ぐ規模をもつ仮想通貨です。イーサリアムはビットコインと並び、仮想通貨の基軸通貨となっているほどメジャーな通貨に成長しています。

通貨の機能もビットコインにはない、スマートコントラクトと呼ばれる機能を持っているのが特徴。世界でビジネスに活用しようと、多くの企業が注目している通貨なので将来性抜群です!

今後は、価格上昇も見込める通貨なので注目しておきましょう!

おすすめの取引所

日本国内の取引所であれば、ほとんどイーサリアムを扱っています。その中でも、BITPOINTがおすすめ。次いで、GMOコインです。

上記の2つがおすすめな理由は、手数料が無料な上、日本円でイーサリアムを購入できるからです。bitbankは通貨ペアが「ETH/BTC」のみでしか購入できません。一度ビットコインを購入してから取引しないといけません。

送金スピードが速い「リップル」

リップルは時価総額3位。他の仮想通貨と違い、リップル社が管理している仮想通貨です。

リップルの特徴は3秒で完了するという送金スピードです。ビットコインが約10分なので、その差は歴然といえますね。

リップルは、世界中の銀行で送金システムを採用する流れになっているので、将来が楽しみな通貨でもあります。2019年には、米国の株式市場であるナスダックに上場するといった話まで、でてきています。

最近では、2018年9月に入ってから価格が上昇傾向となっているので、今が買い時といえる通貨です。

おすすめの取引所

リップルの購入は、bitbankの一択といっていいでしょう。bitbankはリップルの取引量が世界一です。

最低取引単位が他社よりも少なく取引できるうえに、手数料も無料。

また、リップルの出来高キャンペーンを毎週開催しており、1位の人には10万円相当のリップルが送られます。リップルの取引しながら、プレゼントも貰えるといったうえでbitbankがおすすめです。

海外で人気の「ライトコイン」

ライトコインは時価総額が4位。

ライトコインは、ビットコインのサポート的な存在であり、仮想通貨界隈では、ビットコインが「金」、ライトコインが「銀」という捉え方をされている通貨です。

銀なんて呼ばれていますが、性能自体はビットコインよりも高く、送金スピードは3分前後で可能、送金手数料は300円前後(ビットコインは2,000円)といった性能を誇ります。

海外では人気のある通貨なので、取引しておいても損はない通貨といえるでしょう。

おすすめの取引所

BITPOINTとGMOコインは、日本円でライトコインの購入が可能です。

bitbankはイーサリアムと同様に、通貨ペアが「LTC/BTC」のみでしか購入できません。

リスク(Lisk)

時価総額は30位前後と、マイナーな通貨ですが、国内の大手取引所であるビットフライヤーで取扱いを開始した通貨なので、こちらもおすすめしておきます。

リスクは2016年に公開されたばかりの通貨。特徴として、言語にJavaScriptを使用しています。JavaScriptは、比較的プログラミング言語としては優しい方なので、参入障壁の低い通貨になるといわれています。

また、ブロックチェーンとよばれるメインチェーンのほかに、サイドチェーンの技術を採用。1つのメインチェーンで処理を行うよりも、サイドチェーンを活用することにより、メインチェーンの処理能力を上げることができるようになっています。

おすすめの取引所

日本国内では、ビットフライヤーで購入できます。というより、ビットフライヤーでしか購入できない通貨です。

大手取引所で、セキュリティ面でも世界1位と評される取引所なので安心して使用できるでしょう。リスクの手数料も無料です。

仮想通貨を買うなら適切なタイミングで!

この記事のまとめ

  • 仮想通貨購入は需要のある価格帯を狙う
  • 損切の判断も必要
  • 信頼できる取引所を選ぶ
  • これから伸びる仮想通貨を見極め取引する

まとめますと、

  • 購入するタイミングはチャートで探る
  • 価格の下がるときはチャンス
  • 適切な取引所を選ぶ
  • 将来性の高い通貨を取引する

といった感じです。ここで解説した例は、絶対ではありません。何度か取引を繰り返していき、経験を積んでスタイルを確立するための参考に留めておくようにしてください。あなた自身の取引の参考になれば幸いです。

初心者におすすめの取引所はbitbank

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うので、取引所によって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitbank」はネットでも有名な有識者、与沢翼さん、イケダハヤトさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、手数料ゼロキャンペーン実施中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitbank以外の取引所に登録してしまった人は、bitbankで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitbankを見てみる

仮想通貨取引所比較