仮想通貨取引所比較

仮想通貨の追証なしのレバレッジ取引を解説【取引所ランキング・メリット・注意点】

取引
この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨FXで余計な出費をしたくない方
✔ 追証なしでFXをする方法が知りたい方
✔ 今後の仮想通貨がどうなるかわからない方

仮想通貨FXでは自分の出したお金にレバレッジをかけて取引をするといった話は聞いたことがあると思います。そしてもし損失が出たら追加証拠金を支払わなければならない場合があります。

「追加証拠金を払うのが嫌でFXをしたくない」、「FXで余計な出費をしたくない」と思っている方もいるのではないでしょうか?

この記事では追証なし(追加証拠金)でFXをする方法についてご紹介します。

この記事の要約
  • 追証は強制ロスカットの可能性を予告してくれる
  • 追証なしの取引は予告なしの強制カットとなる可能性がある
  • レバレッジ取引でロスカットをされたくない人は追証ありの取引所
  • 追証なしの取引所は「GMOコイン」がおすすめ

レバレッジにおける追証とは?

仮想通貨では証拠金と呼ばれるお金を入金してその額にレバレッジをかけて取引を行います。

例えば、4万円の入金で最大レバレッジが25倍である取引所で取引した場合、最大で100万円分の取引を行うことができます。

しかし、証拠金維持率といわれる指標が一定の値を下回った時、証拠金維持率を上げるために追加で入金するよう勧告されます。これがいわゆる、追証(追加証拠金)と呼ばれるものです。

追証を払わないとどうなるのか?

強制ロスカットの警告サインではFX取引追証を払わないとどうなるのでしょうか?

結論から言うと、追証を入金せず証拠金維持率がさらに下がっていったとき、強制ロスカットが発生し取引が強制的に終了してしまいます。

追証自体に法的な拘束力はないので、強制ロスカットの警告サインともいえるでしょう。

強制ロスカットとは

以上で算出した証拠金維持率が、取引所の定める値よりも下回った場合、強制ロスカットが実行される可能性があります。

必ずしも一定の基準を下回ったら強制ロスカットが実行されるわけではなく、取引所が何らかの方法で証拠金維持率が一定基準以下であることを確認した時、その取引は強制的に終了します。

証拠金維持率の計算法

ここでは概略について説明します。詳しい説明については「【証券外務員が説明する】初めてのビットコインFX講座~第二回」を参照します。

証拠金維持率の算定方法は以下の通りです。

(入金額+評価証拠金額) ÷ (必要証拠金額+注文証拠金額)× 100

※評価証拠金額 = 入金額-必要証拠金-注文証拠金±利益or損失

仮に5万円を入金して20倍のレバレッジ取引を行いたい場合は

評価証拠金額=5万円(入金額)-(5×20)/20(必要証拠金額)=0

証拠金維持率=(5万円+0円)/5万円=100%となります。

追証なしのメリット

余計な出費をするのを防いでくれる追証は強制ロスカットの可能性を予告してくれるものであると述べましたが、追証なしで取引をするのにもメリットがあります。

それは「余計な出費をするのを防いでくれる」ということです。

仮想通貨の相場が下落し続けているのに気づかず、自分の証拠金維持率が下がったからといって、追証を入れ続けるというようなケースも見受けられます。

追証なしでできる取引所の場合

仮想通貨の相場が不振になった→証拠金維持率が下がる→追証を払う→証拠金維持率が回復する→不振につきまた証拠金維持率が下がる→追証を払う・・・というような負のスパイラルを避けることができます。

仮想通貨のレバレッジ取引で追証なしの取引所とは

GMOコインのトップページ

ここでは2つの仮想通貨取引所についてご紹介していきます。

筆者としておすすめなのは手数料無料で取扱仮想通貨の種類が豊富な「GMOコイン」です。もし、取引所で迷っている方はGMOコインで口座開設をするようにしてください。

GMOコイン

GMOコイン
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 入出金・取引手数料が無料
  2. セキュリティ性が高い
  3. 決まった価格で希望の数量を買える

FX取引高が世界第一位を誇る取引所が、GMOコインです。

レバレッジが最大10倍と低めですが、ビットコインをはじめ、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルといった五種類の仮想通貨を扱っており、FXにかかる全ての手数料が無料となっております。

2017年8月から、口座開設で20,000satoshiがもらえるというキャンペーンも実施中です。

BitMEX

BitMEXは海外の取引所です。

相場が急変し口座残高がマイナスになってしまった場合でも、マイナス分は取引所側が保証してくれるため、証拠金が0以下にならない、「ゼロカット」システムを採用しています。

国内の取引所ではめったに見れないシステムですのでとても魅力的ですが、ホームページの説明がわかりにくいのが少し難点です(英語から訳しているため)

追証なしのレバレッジ取引をやる際の注意

損失を未然に防ぐ追証なしの取引は余計な出費を防ぐのが魅力ですが、注意も必要です。

追加証拠金というものがなぜ存在するのかに気を付けながら取引をしていきましょう。

追証は損失を出さないシステムでもあるということ

追証はもともと強制ロスカットによる損失を未然に防ぐための警告的なものであるということを忘れてはいけません。

追証なしの取引をしたい場合には常に証拠金維持率を確認しておきましょう。

強制ロスカットは損失を確定させてしまうので、必要に応じて証拠金を入金するのも賢い選択の一つかもしれません。

追証なしの取引上は予告なしのロスカットがあるかも

追証なしの取引は、追証という警告がないため、予告なしの強制カットとなる可能性があります。

「市場が活気づいて仮想通貨の価格が上がったのに、勝手に売却されて結果的に損失がでた・・・」なんてことも十分にあり得るのでくれぐれも気を付けてください。

こまめに自分の仮想通貨口座を確認しましょう。

まとめ

 

この記事のまとめ
  • 追証は強制ロスカットの可能性を予告してくれる
  • 追証なしの取引は予告なしの強制カットとなる可能性がある
  • レバレッジ取引でロスカットをされたくない人は追証ありの取引所
  • 追証なしの取引所は「GMOコイン」がおすすめ

ここでは、追証なしの取引についてのメリットと注意点について説明してきました。

仮想通貨FXでは自分の投資の方針に合わせて取引所を選ぶことがとても重要となってきます。

レバレッジ取引でロスカットをされたくない場合

「これから仮想通貨市場が盛り上がってくると思うからレバレッジ取引でロスカットをされたくない」と考えている人は追証ありの取引所を選ぶようにしましょう。追証が警告がわりとなって、気づいたら強制ロスカットされてた、なんてことはなくなるでしょう。

仮想通貨の今後の市場がよくわからない場合

「今後の仮想通貨がどうなるかわからない」という方はなるべく追証なしの取引所を選びましょう。突然強制ロスカットをされる可能性はありますが、上記に示したような、追証の負のスパイラルを未然に防ぐことが出来ます。追証なしの取引所は「GMOコイン」がおすすめです。

初心者におすすめの取引所はBITPoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、BITPoint以外の取引所に登録してしまった人は、BITPointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のBITPointを見てみる

仮想通貨取引所比較