仮想通貨取引所比較

リスク(LSK)購入手数料を取引所比較!送金/取引/スプレッドの最安値はどこ?

この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨リスクを購入したい方
✔ 仮想通貨リスクの手数料について知りたい方
✔ リスクで儲けようとしている方

時価総額ランキングTOP50にも常に入っている人気の仮想通貨リスクですが、購入したり送金する時に手数料が掛かってきます。

手数料は色々あって分かりづらいので、初心者の方も分かるように、手数料の種類や金額について解説していきます。

この記事の要約
  • 取引手数料はできるだけ安くスプレッドはなるべく狭い取引所を選ぶことが大切
  • リスクの取引をする時は手数料が安い仮想通貨取引所を選ぶことが大切
  • 販売所よりも取引所の方が手数料が安い
  • リスクの取引は「ビットフライヤー」がおすすめ

リスク(LSK)を取り扱う取引所一覧

まずは、リスクを取り扱っている取引所を一覧にまとめました。

国内の取引所はたくさんありますが、リスクを取り扱っているのはコインチェックとビットフライヤーのみです。

取引or販売所
bitbank 取り扱いなし
bitpoint 取り扱いなし
GMOコイン 取り扱いなし
DMM bitcoin 取り扱いなし
coincheck 販売所
bitflyer 販売所
zaif 取り扱いなし
fisco 取り扱いなし
liquid 取り扱いなし

リスク(LSK)の取引手数料・スプレッドが安い取引所ランキング

リスクの手数料が安い取引所をランキングでご紹介します。

仮想通貨取引の基本は安く買って高く売るが基本です。その為出来る限り手数料の安い取引所を選ぶ事が重要です。

1位:ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤー(bitFlyer)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ユーザー数と取引量が日本一のビットフライヤーです。

国内最大手のビットフライヤーはリスクはもちろんですが、他にも多くのアルトコインを取り扱っています。

また株主には、三菱UFJキャピタルやSBI investmentなど大手の金融企業も多く。安心して使える取引所と言えます。

2位:コインチェック(Coincheck)

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネム
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

初心者でも使いやすいUIで人気の取引所です。

2018年1月には仮想通貨NEMが流出してニュースになりましたが、現在はセキュリティを強化して2019年1月11日に金融庁から仮想通貨交換業者として認可されました。

国内の取引所でリスクが買えるのはビットフライヤーとコインチェックのみです。

リスクの取引手数料を比較

リスクを取引したいと思うときに、気になるのが取引所間での手数料の違いですよね。

そこで、日本国内の代表的な取引所で比較してみました。

取引手数料比較

まずは、取引手数料の比較になります。

取引手数料
coinchec 無料
bitflyer 無料

コインチェックもビットフライヤーどちらも、取引手数料は無料になっています。

リスク以外の仮想通貨に関しては手数料が掛かる場合がありますので、詳細は取引所のホームページでチェックしてください。

スプレッド比較 ※販売所のみ

次はスプレッドの比較です。

スプレッド
coincheck 1.8%
bitflyer 2.1%

スプレッドとは取引所における売値と買値の差です。

短期でのトレードの場合このスプレッドの幅は狭い方が利益を出しやすくなります。
長期での仮想通貨の運用であれば特に気にする必要はありません。

入金手数料比較

入金手数料は以下の通りです。

入金手数料
coincheck クイック入金で756円(3万円~50万円未満)

3万円未満は1000円

bitflyer クイック入金で324円

入金手数料に関してはビットフライヤーの方が手数料を安く抑える事が出来ます。

少額で毎月少しずつ仮想通貨を購入したいのであれば、入金手数料が少しでも安い方がいいでしょう。

出金手数料比較

出金手数料を比較してみましょう。

出金手数料
coincheck 400円
bitflyer リアルタイム入出金 216円

3万円以上の場合は432円

出金手数料に関してはどちらの取引所も同様の手数料です。

ビットフライヤーのリアルタイム入出金はじぶん銀行に口座を作る必要がありますが、タイムラグのないスムーズな入出金ができるサービスでおすすめです。

送金手数料比較

最後に送金手数料を比較しましょう。

送金手数料
coincheck 0.1LSK
bitflyer 0.1LSK

送金手数料に関してはどちらも0.1LSKになっています。

2019年4月26日時点でのリスクが1LSKにつき190円なので、約19円相当の送金手数料がかかる計算です。

リスク(LSK)取引に1番のおすすめ取引所はビットフライヤー(bitflyer)!

 

この記事のまとめ
  • 取引手数料はできるだけ安くスプレッドはなるべく狭い取引所を選ぶことが大切
  • リスクの取引をする時は手数料が安い仮想通貨取引所を選ぶことが大切
  • 販売所よりも取引所の方が手数料が安い
  • リスクの取引は「ビットフライヤー」がおすすめ

リスクを取引するならビットフライヤーをおすすめします!

業界ナンバー1の取引量とユーザー数を誇っており、最近はセキュリティ対策にも力を入れています。

例えばビットコインの取引の際に複数の署名を求めるマルチシグに対応しており、保有する仮想通貨の80%はコールドウォレットで保管されています。

この機会に、ビットフライヤーでリスクに投資してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト