仮想通貨取引所比較

Liquid (Quoinex)のスプレッドは安いのか?取引手数料と併せて解説をします

この記事を読んでほしい人
✔ Liquidで仮想通貨取引を始めようと思っている方
✔ Liquidのスプレッドを知りたいという方
✔ 各仮想通貨取引所のスプレッドを比べてみたいという方

「Liquid (Quoinex)のスプレッドは安い?」「ほかの取引所と比べてどの程度安いの?」といった疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、Liquidのスプレッドについてお伝えしていきます。

Liquidの手数料について詳しく知りたい方、少しでもコストがかからない取引所を探している方は、ぜひ参考にしてくださいね!

この記事の要約

  • Liquidは取引所専業のため、スプレッドは存在しない
  • 仮想通貨取引所には「取引所」と「販売所」があり、スプレッドがあるのは「販売所」のみ
  • Liquidは取引手数料は無料だが、買値と売値の差が比較的大きい
  • Liquidは取り扱っている仮想通貨の種類が多いのがメリットといえる

Liquidにスプレッドはない

仮想通貨の取引方法は

  • 取引所:投資家どうしが買値と売値を提示し、売買を成立させる
  • 販売所:業者が提示した価格で投資家が購入する

の2種類があり、どちらも売値と買値に差があります。

しかしスプレッドと呼ばれるのは販売所のみ。

Liquidは取引所だけなので、スプレッドはないのです。

スプレッドとは?

スプレッドは買値と売値の差額のことで、販売所でのみ使われる言葉です。

スプレッドは安い方がよい

上記は、bitflyerのビットコイン販売所での取引画面ですが、購入価格と売却価格に差がありますよね。価格差は23233円、これがスプレッドというわけです。

スプレッドが23233円の場合、23233円以上値上がりしなければ利益になりません。スプレッドはできるだけ安い方がいいでしょう。

取引手数料とスプレッドの違いとは?

取引手数料とスプレッドの違いは何でしょうか。

  • 取引手数料:売買が成立した時に支払う手数料
  • スプレッド:買値と売値の差額

取引手数料は売買が成立するたびに支払わなければなりませんが、スプレッドは価格設定の時点ですでに織り込まれていますから、後で支払う必要はありません。

Liquidのスプレッドと取引手数料

Liquidのスプレッドと取引手数料について、お伝えしていきましょう。

取引所では価格差=スプレッドではない

上記画像は、Liquidの取引画面。赤枠の赤い数字「416357.62」が売りたい人が提示している価格、赤枠の緑の数字が買いたい人が提示している価格です。

赤枠は現在の価格に最も近い注文ですが、この時の価格差は289.6円。

しかしLiquidは取引所ですから、これは単なる買値と売値の価格差であり、スプレッドではないのです。

他の取引所と価格差とスプレッドを比較

Liquidにおけるビットコインの買値と売値の価格差は、時間帯や売買の動向によって変わりますが、おおむね200~500円付近です。

取引所名 ビットコインの価格差(取引所) ビットコインのスプレッド(販売所) 備考
bitbank 10円~50円 取扱いなし 取引所専業
BITpoint 100円~400円 取扱いなし 取引所専業
GMOコイン 70円~100円 1000円~2000円 取引所、販売所
DMM bitcoin 取扱いなし 10000円~18000円 販売所専業
Zaif 150円~200円 取扱いなし 取引所専業
Coincheck 50円~300円 25000円~28000円 取引所、販売所
bitFlyer 200円~500円 10000円~15000円 取引所、販売所

取引所専業の中で最もビットコインの価格差が小さいのはbitbank。

Liquidは取引所専業の中でも価格差が大きいですね。

販売所専業の中では、GMOコインがダントツでスプレッドが安いです。

Liquidの取引手数料は?

Liquidでは、現物取引の取引手数料は無料。

レバレッジ取引のみ、翌日にポジションを持ち越すと手数料が0.025%かかります。

他の取引所と取引手数料を比較

他の取引所も取引手数料は無料なので、大差はありません。

スプレッドと取引手数料を考慮して考えた場合、最も安いのはbitbankでしょう。

ただし、Liquidは現物取引の種類が豊富なのが魅力。

取引したい通貨がある場合は利用したい取引所といえますね。

▼Liquidの手数料(取引手数料・入出金手数料)は安いのか?検証して説明▼

あわせて読みたい
Liquidの手数料(取引手数料・入出金手数料)は安いのか?検証して説明 仮想通貨取引をするうえで、無視できないのが取引手数料です。 取引手数料が高ければ、利益を出しにくくなるわけですから、取引手...

取引所であるLiquidはスプレッド無し

この記事のまとめ

  • Liquidは取引所専業のため、スプレッドは存在しない
  • 仮想通貨取引所には「取引所」と「販売所」があり、スプレッドがあるのは「販売所」のみ
  • Liquidは取引手数料は無料だが、買値と売値の差が比較的大きい
  • Liquidは取り扱っている仮想通貨の種類が多いのがメリットといえる

さて、Liquidのスプレッドについてお伝えしてきました。

Liquidは取引所専業の中では、買値と売値の価格差は高め。bitbankが約30円程度に対して、Liquidは200円~500円付近です。

しかし、Liquidは取扱い通貨ペアが豊富なのも特徴でしょう。

もし取引したい通貨がある場合には、ぜひとも利用したい取引所です。

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト