仮想通貨取引所比較

リキッド(Liquid)の使い方・登録方法を徹底解説! 入金・出金・取引方法、MT4からアプリまで!!

この記事を読んでほしい人
✔ Liquidで仮想通貨投資を始めようと思っている方
✔ Liquidで仮想通貨投資をする方法を知りたいという方
✔ Liquidがどのような仮想通貨取引所か知りたいという方

2018年9月、「Quoinex」は「Liquid(Liquid by QUIONE)」にリニューアルされました。

この機会にリキッド(Liquid)で仮想通貨投資を始めてみたい方や、Liquidの使い方がわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、リキッド(Liquid)の登録方法や、入金・出金・取引方法などを、画像を使ってわかりやすくお伝えしていきます。

この記事の要約

  • リキッド(Liquid)は世界中の取引板を集め、流動性を高めるというコンセプトで運営されている仮想通貨取引所
  • リキッド(Liquid)は取引所形式のみで、現物取引とレバレッジ取引ができる
  • リキッド(Liquid)は入金、出金、取引のいずれもPCとスマホから簡単な操作で行なうことができる
  • リキッド(Liquid)では、「Liquid by Quoineライト版」というスマホアプリからも取引できる

リキッド(Liquid)の特徴

Liquidは、QUOINE株式会社が運営する仮想通貨取引所。以前はQuoinexという名称で取引所を運営していましたが、2018年9月にLiuqidと名称を変更しました。

運営会社 QUOINE株式会社
仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号
本店所在地 東京都中央区京橋二丁目2番1号
URL Liquid公式サイト
電話番号 0570-099-071
取引所種別 取引所・FX
取扱通貨 BTC、ETH、XRP、BCH、LQC

世界中の流動性格差を解消するというコンセプトで運営されていて、板取引のみの取引所形式で運営されています。

特徴1「手数料が安い」

リキッド(Liquid)はとにかく取引手数料がお得なのが、利用者に愛されている理由の一つ。

リキッド(Liquid)の取引手数料
現物取引 無料
レバレッジ取引 0.025%

現物取引手数料は無料で、レバレッジ取引手数料も0.025%と、他の取引所と比べてもリーズナブルに投資を楽しむことができます。

特徴2「豊富な通貨ペア」

現物取引は34通貨ペア、レバレッジ取引は12通貨ペアで取引が可能です。

仮想通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LQC(リキッドコイン) ※QASH(キャッシュ)が名称変更
  • XRP(リップル)

法定通貨

  • JPY(円)
  • USD(アメリカドル)
  • EUR(ユーロ)
  • AUD(オーストラリアドル)
  • HKD(香港ドル)
  • SGD(シンガポールドル)
  • CNY(人民元)
  • PHP(フィリピンペソ)
  • INR(インフォルピー)
  • IDR(ルピア)

取扱通貨は、上記のとおりとなっています。

特徴3「0.001BTCから取引可能」

最低取引単位が非常に小さく、0.001BTCから取引可能。現時点でのビットコイン価格が約50万円なので、500円くらいから取引できるというわけですね。

とりあえずお試しで始めてみたいという方でも、気軽にビットコインを購入できます。

特徴4「取引量が大きく、流動性がある」

板取引で重要視されるのは、流動性。

  • 流動性
  • 発注数量
  • 保有建玉量

リキッド(Liquid)はこれらが非常に充実しており、大口のトレーダーにも評判となっています。

  • 売り・買いの注文が活発に出されることで、売買のスピードや量が増えて、最終的な取引高が大きくなる
  • 取引が活発になればなるほど、売りの値段と買いの値段の差が小さくなり、適正な価格で取引ができる

流動性があるということは、それだけメリットも大きいということですね。

リキッド(Liquid by Quoine)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュリップルキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
現物取引手数料無料
レバレッジ取引手数料0.025%
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(かなり小さい)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料がすべて無料
  2. ビットコイン価格が他取引所より低い
  3. 日本初の金融庁認可の仮想通貨交換業者

リキッド(Liquid)が提供する取引タイプ

リキッド(Liquid)が提供する取引タイプは2種類。

  • 現物取引
  • レバレッジ取引

現物取引とレバレッジ取引の注文方法はさほど変わりなく、シンプルな操作で注文することができます。

現物取引

現物取引のほうが、基本的な注文方法となるでしょう。

好きな金額を入金し、その金額だけ仮想通貨を購入するという注文方法。購入した通貨はいつでも売却することができます。

レバレッジ取引

証拠金を預けて、その何倍もの大きな金額で行なうのが「レバレッジ取引」。証拠金が100万円の場合、レバレッジ倍数5倍なら、500万円分の仮想通貨が購入できるわけですね。

現物取引では、購入した後、売却して利益を出すという流れが一般的。

しかし、レバレッジ取引は手元に仮想通貨がない状態でも「売り」から入り、ある程度価格が下がってから「買い戻す」ことで、利益を出すことも可能です。

リキッド(Liquid)が提供する取引タイプを画像で紹介

リキッド(Liquid)が提供する取引タイプを、画像付きでご紹介します!

リキッド(Liquid)取引所(現物取引)

通常、表示される取引画面は、現物取引となっています。

右側の発注パネルに入力するだけで購入可能。チャートもインディケーターを自由に表示でき、細かな分析ができます。

リキッド(Liquid)取引所(レバレッジ)

左上の「現物」を「レバレッジ」に切り替えると、レバレッジ取引の取引画面となります。

ほとんど現物取引と変わりませんね。発注パネルが若干違う程度です。

リキッド(Liquid by Quoine)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュリップルキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
現物取引手数料無料
レバレッジ取引手数料0.025%
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(かなり小さい)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料がすべて無料
  2. ビットコイン価格が他取引所より低い
  3. 日本初の金融庁認可の仮想通貨交換業者

リキッド(Liquid)の登録・口座開設

リキッド(Liquid)の登録手順は下記のとおりです。

  1. 登録
  2. 本人確認
  3. 入金
  4. 購入

登録:リキッド(Liquid)のサイトから登録

新規登録は、リキッド(Liquid)のトップページから行ないます。

上記画像の赤枠の箇所、どちらでも構わないのでクリックします。

  • 次のページで、メールアドレスと氏名といった個人情報を入力
  • 最下部の「次へ」をクリック
  • 登録したメールアドレスにメールが送られてくるので、メールに記載されている「アカウントを承認する」をクリック

上記のような手順を進めていくと、設定したメールアドレスとパスワードを使ってログインできるようになります

画像が英語となっていますが、ログイン後に「2段階認証の設定をするか?」と聞かれます。すぐに設定する場合は左を、後で設定する場合は右をクリックしましょう。

本人確認:書類のデータをアップロード

これから本人確認書類の提出に移ります。右上の人型アイコンにマウスを合わせると、メニュー一覧が表示されます。

「2段階認証」をクリックすると、2段階認証が設定できます。本人確認書類の提出の前に必ずしなければならないので、先に設定しておきましょう。

その下の「書類未提出」をクリックすると、本人確認書類の提出に移ります。

顔写真つきの画像であれば、1点だけのアップロードでOK。運転免許証やパスポートなどの顔写真つきの画像を赤枠内をクリックして、アップロードします。

下にスクロールし、今度はセルフィー画像(本人と本人確認書類が一緒に写っている画像)をアップロードします。

同意の項目にチェックをつけて、「本人確認書類をアップロードする」をクリックすれば、登録完了。あとは審査が完了しだい、取引ができるようになります。

リキッド(Liquid)の入金・出金方法

入金・出金について、解説していきましょう。

日本円の入金(銀行振込の場合)

まずは、銀行口座の登録から行なっていきます。

日本円の入金手順①

右上にあるハンバーガーメニュー(「≡」)をクリックし、ウォレットから「入金」をクリック。

日本円の入金手順②

上の画像で赤く囲まれている部分をクリックすると、入金したい通貨一覧が表示されます。「JPY」をクリック→「はじめる」の順にクリックし先に進みましょう。

日本円の入金手順③

振込先の銀行口座を登録します。銀行名や口座番号を入力してください。

その後、赤枠の箇所に銀行口座の画像をアップロードします。画像は、ネット銀行のトップページをキャプチャーしたものでOK。

ここまで完了したら、「銀行口座を追加」をクリックします。

日本円の入金手順④

銀行口座の登録が終わったら、入金依頼をします。

入金したい金額を入力し、「入金依頼を送信」をクリック。こちらの入力画面は、「日本円の入金手順①→②」の順をふめばいつでも表示できます。

日本円の入金手順⑤

赤枠の箇所に表示されている銀行口座に振り込みます。振込時には左上に記載されている入金IDを、振込名義と一緒に入力してから振り込んでください。

日本円の入金(クイック入金の場合)

Liquidと提携している銀行口座を持っていれば、クイック入金(即時入金)を利用できます。手数料がかからず、また24時間利用可能なので、とても便利ですよ。

即時入金手順①

右上のハンバーガーメニュー(「≡」)をクリックし、ウォレットの「入金」をクリック。

即時入金手順②

通貨の一覧から「JPY」をクリック。

即時入金手順③

入金額を入力し、「入金依頼を送信」の上の「クイック入金」をクリック。

次の画面で再び入金額を入力し、「入金依頼を送信」をクリック。URLが表示されるのでクリックしてください。

即時入金手順④

支払い方法を選択します。今回は「ジャパンネット銀行」を使ってみましょう。

ネットバンクジャパンネット銀行を選択すると、上記のようにジャパンネット銀行のログイン画面が表示されるので、ログインします

後は、金融機関の手順に従って振込を実行することで、入金は完了です。

仮想通貨の入金

Liquidでは、日本円だけでなく仮想通貨の入金も可能です。

仮想通貨の入金手順①

右上のハンバーガーメニュー(「≡))をクリックし、ウォレットの「入金」をクリック。

仮想通貨の入金手順②

赤く囲まれた部分をクリックすると、仮想通貨の一覧が表示されます。今回はビットコインを入金してみましょう。「BTC」をクリックします。

仮想通貨の入金手順③

入金用アドレスが表示されるので、こちらに入金しましょう。

日本円の出金

Liquidに登録した銀行口座に、日本円を出金する方法です。

日本円の出金手順①

右上のハンバーガーメニュー(「≡」)をクリックし、ウォレットの「出金」をクリック。

日本円の出金手順②

赤く囲まれた部分をクリックし、通貨の一覧から「JPY」を選択。

日本円の出金手順③

銀行口座の情報が登録されていなけば、ここで登録します。登録手順は、日本円の入金手順を参照してください。

  1. 出金額を入力
  2. 認証コードを入力
  3. 実行で出金

銀行口座をすでに登録してある場合は、上記の手順で出金することができます。

仮想通貨の出金

Liquidに保管している仮想通貨を、別の仮想通貨取引所などに出金(送金)する方法です。

仮想通貨の出金手順①

右上のハンバーガーメニュー(「≡」)をクリックし、ウォレットの「出金」をクリック。

仮想通貨の出金手順②

仮想通貨の一覧から「BTC」「はじめる」とクリック。

仮想通貨の出金手順③

出金先のアドレスと認証コードを入力し、「BTCアドレスを追加」をクリック。

登録したメールアドレスに確認トークンが送られてきます。コピーし、「確認トークン」の欄に貼り付けて「BTCアドレスを承認する」をクリック。

仮想通貨の出金手順④

取引量の欄に出金額を入力し、2段階認証を入力。間違いがなければ「実行」をクリック。これで出金完了です。出金通知メールが届くので確認してみてください。

リキッド(Liquid by Quoine)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュリップルキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
現物取引手数料無料
レバレッジ取引手数料0.025%
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(かなり小さい)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料がすべて無料
  2. ビットコイン価格が他取引所より低い
  3. 日本初の金融庁認可の仮想通貨交換業者

Liquid(現物取引)の使い方

ここからは実際にLiquidで仮想通貨を取引する手順を説明していきます。まずは現物取引からみていきましょう。

①Liquid(現物取引)(PC)

PCから、現物取引を行なう手順です。

現物取引の手順①

ホーム画面上部の「現物取引」をクリック。

現物取引の手順②

現物取引の画面に切り替わります。赤枠で囲まれた部分をクリックし、好きな通貨ペアを選びましょう。今回は「BTC/JPY」をクリックします。

現物取引の手順③

画面右側にある発注パネルに、注文内容を入力します。

  1. 売買区分を選択
  2. 注文方法を選択
  3. 価格を入力
  4. 数量を入力

成行注文の場合は、③の価格入力は不要です。下にスクロールし、「買う」で発注できます。注文が成立した場合は、すぐ下の欄に表示されますよ

②Liquid(現物取引)(スマホ)

Liquidでは、スマホから取引することもできます。

スマホからの取引手順①

ログインし、右上のハンバーガーメニュー(「≡」)をタップし、「現物取引」をタップ。

スマホからの取引手順②

赤枠で囲まれた部分をクリックすると通貨ペアを切り替えることができます。今回はそのまま「BTC/JPY」を取引しましょう。

スマホからの取引手順④

あとは、PCと同じ手順で発注します。

  1. 売買区分を選択
  2. 注文方法を選択
  3. 価格を入力
  4. 数量を入力
  5. 「買う」をタップ

これで発注完了です。

Liquid(レバレッジ取引)の使い方

続いて、レバレッジ取引の使い方を説明していきましょう。

①Liquid(レバレッジ取引(PC)

PCから、レバレッジ取引を行なう手順です。

レバレッジ取引の手順①

ホーム画面上部の「レバレッジ取引」をクリック。

レバレッジ取引の手順②

レバレッジ取引の画面に切り替わります。赤枠で囲まれた部分をクリックすると、通貨ペアを切り替えることができます。今回は「BTC/JPY」を選択しましょう。

レバレッジ取引の手順③

画面右側にある発注パネルに、注文内容を入力します。

  1. 売買区分を選択
  2. 注文方法を選択
  3. 価格を入力
  4. 数量を入力
  5. 「ロング注文」をクリック

⑤については、①でショートを選択していれば「ショート注文」に変更されます。

リキッド(Liquid by Quoine)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュリップルキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
現物取引手数料無料
レバレッジ取引手数料0.025%
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(かなり小さい)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料がすべて無料
  2. ビットコイン価格が他取引所より低い
  3. 日本初の金融庁認可の仮想通貨交換業者

リキッド(Liquid)アプリのインストール方法と使い方

スマホを使ってリキッド(Liquid)で取引する場合、ブラウザ以外にも「Liquid by Quoineライト版」というアプリを利用することができます。

リキッド(Liquid)アプリのインストール方法

Android端末の場合は「Google play」から、iphoneの場合は「App store」からインストールします。「Liquid」と検索すれば、すぐにみつけることができるでしょう。

「インストール」をタップすれば、自動でインストールされます。

早速起動してみましょう。左上のハンバーガーメニュー(「≡」)をタップすると、メニューが表示されます。

アプリから入出金操作を行なう場合は、「入金」もしくは「出金」をタップしましょう。

リキッド(Liquid)アプリの注文方法

Liquidアプリ(Liquid by Quoineライト版)を使って、実際に仮想通貨の取引をしてみましょう。今回は、現物取引でビットコインを購入します。

ホーム画面から購入操作を行います。今回はビットコインを取引するので、①の「BTC」「BTC現物」の順にタップしましょう。

あとは、以下の手順で進めていきます。

  1. 注文方法を選択
  2. 数量を入力
  3. 売買区分を選択

これで、発注完了です。

まとめ

この記事のまとめ

  • リキッド(Liquid)は世界中の取引板を集め、流動性を高めるというコンセプトで運営されている仮想通貨取引所
  • リキッド(Liquid)は取引所形式のみで、現物取引とレバレッジ取引ができる
  • リキッド(Liquid)は入金、出金、取引のいずれもPCとスマホから簡単な操作で行なうことができる
  • リキッド(Liquid)では、「Liquid by Quoineライト版」というスマホアプリからも取引できる

さて、リキッド(Liquid)の登録方法や入出金、取引の方法を画像を使ってお伝えしてきました。

リキッド(Liquid)は世界中の取引板を集めて流動性を高めることを目的としており、その結果ユーザーにとっても、買値と売値の差が小さくなるというメリットがあります。

PCからでもスマホからでも取引可能で、簡単に使えるアプリも用意されていますので、ぜひLiquidで仮想通貨取引を始めてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト