仮想通貨取引所比較

フィスコ(FISCO)の安全性と危険性を確認!口座開設すべきか?

この記事を読んでほしい人
✔ FISCOに口座開設するか迷っている方
✔ FISCOの安全性について詳しく知りたい方
✔ 仮想通貨取引を始めたい方

フィスコ(FISCO)はハッキング被害を受けたZaifから事業譲渡を受けたことで昨今話題となっています。

やはり、利用者としては不安が残る形ですが実際のところはどうなのでしょうか。

検証してみました。

この記事の要約
  • FISCOはZaifの事業譲渡で注目を集めている
  • FISCOの仮想通貨取引所は事業譲渡を受けたばかりの状態で先行きが不透明
  • セキュリティ上の問題が無さそうであれば稼働させるのもあり

仮想通貨取引所を選ぶときに知っておきたい危険性

仮想通貨取引所を選ぶ際に手数料やスプレッド以外に注目したいポイントが「危険性」です。

なぜなら、多くの金額が動く仮想通貨取引では価格変動リスク以外にもセキュリティ面で脅威が存在するからです。

フィスコ(FISCO)の安全性は?


国内大手仮想通貨取引所である「Zaif」から事業譲渡を受ける「FISCO」ですがセキュリティ面では一体どのような強みがあるのでしょうか。

  1. FISCOの安全性1:安全なスマホ向け公式アプリ
  2. FISCOの安全性2:コールドウォレットによるハッキング予防
  3. FISCOの安全性3 マルチシグで多重鍵対応

フィスコ(FISCO)の安全性1:安全なスマホ向け公式アプリ

フィスコ(FISCO)はスマートフォン向けに公式アプリを配布しています。

アプリを使うことで「フィッシング」などの予測不能なリスクへの危険が回避できるため利用者の間では期待が高まっています。

フィスコ(FISCO)の安全性2:コールドウォレットによるハッキング予防

FISCOの流動しないユーザーの顧客資産については「オフライン」または「コールドストレージ」内に保管されるため、予期しない外部からのハッキングへの予防ができます、

フィスコ(FISCO)の安全性3 マルチシグで多重鍵対応

また、フィスコ(FISCO)はビットコインの秘密鍵を分散して保管する、「マルチシグ」に早い段階から対応しています。

前述したコールドウォレットと合わせても高いセキュリティ対策がなされています。

フィスコ(FISCO)の安全性はどう評価されている?

FISCOはZaifの事業譲渡で注目を集めており、セキュリティ面においてはややZaifのハッキングイメージをユーザーが引きずっている印象を受けます。

しかし、フィスコ(FISCO)は元々株、先物など金融情報をロイターやブルームバーグなどのメディアへ提供する企業として知られた実績のある企業ですのでこれからの改革に期待が持てます。

現在はそのような不安と期待が入り混じった雰囲気の中、多くのユーザーから動向を見守られているようです。

選択肢の一つとしてのフィスコ(FISCO)

 

この記事のまとめ
  • FISCOはZaifの事業譲渡で注目を集めている
  • FISCOの仮想通貨取引所は事業譲渡を受けたばかりの状態で先行きが不透明
  • セキュリティ上の問題が無さそうであれば稼働させるのもあり

FISCOはZaifから事業譲渡を受けたばかりの状態で、先行きが不透明な仮想通貨取引所ですが、今後の可能性は十分あります。

口座を開設する分にはノーリスクです。選択肢の一つとして持っておいてセキュリティ上の問題が無さそうであれば稼働させるのもありですね。

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト