仮想通貨取引所比較

フィスコ(FISCO)でクレジットカードは利用できるの?クレカ利用と入金方法を確認

この記事を読んでほしい人
✔ FISCOの入金方法が知りたい方
✔ FISCOでクレジットカードを利用したい
✔ 仮想通貨取引を始めたい初心者の方

仮想通貨取引を始める時、口座開設を完了しただけでは、取引を開始できません。

まずは、仮想通貨取引所に資金を入金する必要があります。こうした点は、FISCOでも同じです。そして、入金方法は仮想通貨取引所ごとに違いがあります。

日常、使い慣れたクレジットカードで支払ができたら便利だとお思いになることでしょう。

そこで、FISCOでの入金方法や、入金の際にクレジットカードが利用できるのかについて解説します。

この記事の要約
  • FISCOでの入金方法は銀行振込だけ
  • クレジットカードによる入金はできません
  • コンビニ払いの収納代行でもクレカは利用できない

フィスコ(FISCO)への入金方法


フィスコ(FISCO)での入金方法は、銀行振込だけです。

まず、フィスコ(FISCO)のホームページにログインしてください。「アカウント」をクリックして、「日本円入出金」の項目から手続きを行ないます。

「日本円入出金」から、「日本円入金(銀行振込)」のページを開いて下さい。

ここで注意すべき点は、振込人の名義です。登録した名前だけでなく、名前とユーザーIDを入力しなければなりません。そして、金額を入力して振り込んでください。

参考:https://fcce.jp/faq

フィスコ(FISCO)ではクレジットカードで入金できるの?

フィスコ(FISCO)では、クレジットカードによる入金はできるのでしょうか。
残念ながら、入金に際してクレジットカードの利用は認められていません。

フィスコ(FISCO)で認められている入金方法は、銀行振込だけです。

他の取引所でもクレカは利用できない

実は、フィスコ(FISCO)仮想通貨取引所に限らず他の仮想通貨取引所でもクレジットカードによる入金はできません。

これは日本だけに限った話ではなく、アメリカやイギリスといった先進諸国一般的な傾向となっています。仮想通貨取引は値動きが激しいため、クレジットカードの決済時に利用者が損失を被る可能性が高いからです。

コンビニ払いの収納代行でもクレカは利用できないので注意

今では、いろいろな商品でコンビニ払いで収納代行が利用されていますが、この時の支払方法は、原則的に現金払いのみの対応となっています。

収納代行を受けたコンビニ側は、手数料を得て利益としています。一方、クレジットカードでの支払の場合、コンビニ側はクレジットカード会社に手数料を支払っています。

収納代行による手数料収入よりも、クレジットカード会社に支払う手数料の方が高いため、コンビニ側はクレジットカードでの支払を受け付けると赤字になってしまいます。

ですから、収納代行では現金払いとなっているのです。

フィスコ(FISCO)仮想通貨取引所でおすすめの入金方法


フィスコ(FISCO)では、銀行振込のみ受け付けています。

郵便為替や現金書留、現金での入金はできません。FISCOホームページにログインして、アカウントから日本円入金を開いて、銀行振込の手続をするようにして下さい。

フィスコ(FISCO)はクレジットカード以外の方法で入金を

この記事のまとめ
  • FISCOでの入金方法は銀行振込だけ
  • クレジットカードによる入金はできません
  • コンビニ払いの収納代行でもクレカは利用できない

FISCOでの入金方法について解説しました。
現在、フィスコ(FISCO)での入金方法は銀行振込のみとなっています。

郵便為替や現金書留、クレジットカードは利用できないのでご注意下さい。
また、銀行振込に際しては、氏名とともにユーザーIDを入力することも忘れないようにして下さい。

フィスコ仮想通貨取引所(FISCO)
取扱仮想通貨 ビットコインビットコインキャッシュモナコインフィスココインカイカコインネクスコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(2.0%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト