仮想通貨取引所比較

コインチェック(Coincheck)の本人確認に必要な書類・完了して使えるまでの流れを解説

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコインの審査が気になる方
✔ ビットコイン投資を始めようとしている方
✔ ビットコインで儲けようとしている方

仮想通貨取引を始めるためには、仮想通貨取引所に口座がなければなりません。

日本国内にある仮想通貨取引所のひとつであるコインチェック(Coincheck)があります。

今回は、コインチェック(Coincheck)に口座を開設しようとした場合の手続きなどについて、本人確認の方法や20歳未満の対応も含めて解説します。

▼コインチェック(Coincheck)の登録方法についてはコチラ▼

あわせて読みたい
コインチェック(Coincheck)の登録方法を画像付きでわかりやすく丁寧に解説! 仮想通貨取引をするために、コインチェック(Coincheck)に口座を開設しようと思った時、どのような手続きが必要なのでしょうか...
この記事の要約
  • コインチェック(Coincheck)では未成年は口座開設できない
  • コインチェック(Coincheck)による本人確認には1〜2営業日が必要とされる
  • コインチェック(Coincheck)の本人確認の特徴は「IDセルフィー」
  • 写真を撮るのが抵抗がある人はGMOコインなどがおすすめ

コインチェック(Coincheck)の本人確認と口座開設の流れ

コインチェック(Coincheck)に新しく口座開設を申請するときの方法について、コインチェック(Coincheck)の本人確認の方法を含めて解説します。

1.新規登録

コインチェック(Coincheck)のホームページにアクセスしましょう。

  1. 最初の画面に、『新規登録』がありますので、それをクリックして下さい。
  2. メールアドレスとパスワードを登録しますと、登録したメールアドレスに宛ててcoincheckからメールが送られてきます。
  3. メールに記載してあるURLを開きます。

これで、コインチェック(Coincheck)にアカウントが作成できました。

2.基本情報の登録

アカウントが設定できれば、本人確認にうつります。

  1. コインチェック(Coincheck)では、最初『電話認証』によって本人確認が行なわれます。
  2. 登録した携帯電話に、コインチェック(Coincheck)からSMSが送られてきます。
  3. SMSには、認証コードが記載されていますので、コードを入力します。
  4. そして、住所・氏名・生年月日などの個人情報を入力していきます。

▼コインチェック(Coincheck)は未成年の登録はできない?詳しくはコチラ▼

あわせて読みたい
コインチェック(Coincheck)に登録できる年齢は?年齢制限や登録方法を解説 仮想通貨取引がブームになって以来、日本国内にもいろいろな仮想通貨取引所が開設されました。 そのひとつに、コインチェック(C...

3.本人確認書類のアップロード

個人情報の入力が済んだら、本人確認書類のアップロードの段階に進みます。

コインチェック(Coincheck)の本人確認では、IDセルフィーとよばれる本人確認書類とともにご自身が写った写真をアップロードするようになっています。

それに加えて、本人確認書類の表面と裏面をスキャナーで取り込むなどして、アップロードします。

4.郵送のはがき受け取り

本人確認書類のアップロードが済んだことをコインチェック(Coincheck)が確認したら、コインチェック(Coincheck)から郵便ではがきが送られて来ます。

これを受け取っていただければ、ようやく本人確認が完了となります。

コインチェック(Coincheck)で利用できる本人確認書類は?

コインチェック(Coincheck)で本人確認に利用できる書類について、注意事項とともに紹介します。いずれか1つでいいので用意しておきましょう。

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(顔写真ページと住所記載ページ)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 住民台帳基本カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード
  • 運転経歴証明書(表面と裏面)
  • コインチェック(Coincheck)では、本人確認にIDセルフィーも必要です。書類のピントにも気をつけて撮影しましょう。
  • コインチェック(Coincheck)に、メールや郵送で登録情報や本人確認書類を送っても口座開設はできません。
  • 学生証は、利用できません。

(参照) https://coincheck.com/ja/info/faq_posts/58

コインチェック(Coincheck)の本人確認書類FAQ

マイナンバーは必要?利用できる?

個人番号カードは利用できます。
しかし、個人番号の通知カードは顔写真がないので利用できません。

保険証は必要?利用できる?

保険証は利用できません。

住民票は必要?利用できる?

住民基本台帳基本カードは使えますが、住民票は利用できません。

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネム
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

本人確認にかかる時間や日数

コインチェック(Coincheck)による本人確認には、1〜2営業日が必要とされています
そのあと、コインチェック(Coincheck)から住所確認のためのはがきが発送されます。

ですから、本人確認書類のアップロードを終えてから数日から1週間前後かかることになりますね。

(参照) https://coincheck.com/ja/info/faq_posts/58

コインチェック(Coincheck)の本人確認は郵送のはがきを受け取って完了

コインチェック(Coincheck)の本人確認を終えるためには、コインチェック(Coincheck)から郵便で送られてくるはがきを受け取らなければなりません。

コインチェック(Coincheck)からのはがきは、転送不要とした簡易書留で送られてきます。

コインチェック(Coincheck)からのはがきを受け取ったら、内容を確認しましょう。

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネム
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

本人確認が終わるとできること

本人確認が完了しハガキが届くと、入出金や仮想通貨取引を開始することができます。個人情報を入力して、ハガキが届くまでの間は数日から一週間ほどです。

その間は入金とコイン売買ができますが、出金することはできません。

ハガキが来る前 入金・売買が可能
ハガキが来た後 全ての機能が利用可能

コインチェック(Coincheck)の未成年の場合の本人確認は?

コインチェック(Coincheck)では、20歳未満と75歳以上、そして日本国外に住んでいる方のアカウントの登録は認められていません。

コインチェック(Coincheck)では、未成年の場合は口座の開設ができません。

(参照) https://coincheck.com/ja/info/faq_posts/50

▼コインチェック(Coincheck)は大学生でも登録できる?詳しくはコチラ▼

あわせて読みたい
コインチェック(Coincheck)で大学生は取引できる?注意点、オススメな点をチェック 仮想通貨取引を経験しようと思う大学生の方もいらっしゃることでしょう。 特に、社会人になってから始めようと思うと、なかなか時...

コインチェック(Coincheck)の本人確認に失敗する原因

コインチェック(Coincheck)の本人確認に失敗してしまう原因は次のことが考えられます。

・IDセルフィーの写真が不鮮明。
・現住所と身分証の住所が相違している。

IDセルフィーの写真は、身分証にピントがあっていることが本人確認通貨のコツのようです。コインチェック(Coincheck)の本人確認には失敗することがあります。失敗した場合はcoincheckからの連絡内容をよく確認しましょう

▼コインチェック(Coincheck)の審査は厳しい?詳しくはコチラ▼

あわせて読みたい
coincheckトップ
コインチェック(Coincheck)の審査に落ちた?遅いだけ?審査の厳しさと対策 コインチェック(Coincheck)に口座開設の手続きをしたけれど、なかなか連絡が来ない、やっと届いたと思ったら、ダメだったとい...

コインチェック(Coincheck)の本人確認の口コミ

コインチェック(Coincheck)に新規口座開設するときに行なわれる本人確認に関して、実際に口座開設をした方々はどのように思っているのでしょうか。

twitter上のつぶやきから、coincheckの本人確認に関する口コミを紹介します。

那月@ガルパ垢氏が、coincheckの本人確認の早さに驚いていることがわかります。

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネム
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

別の取引所での口座開設をおすすめ

GMOコイン

コインチェック(Coincheck)は、本人確認をしっかり行っています。

IDセルフィーという、申請者と書類内容が合ってるかを確認するシステムを採用しています。

ただ、この方法に抵抗感のある人もいるわけでして、そんな方には、コインチェック(Coincheck)ではなく、GMOコインなど、IDセルフィーを採用していない取引所がおすすめです。

GMOコイン
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 入出金・取引手数料が無料
  2. セキュリティ性が高い
  3. 決まった価格で希望の数量を買える

コインチェック(Coincheck)は本人確認に写真が必要!

この記事のまとめ
  • コインチェック(Coincheck)では未成年は口座開設できない
  • コインチェック(Coincheck)による本人確認には1〜2営業日が必要とされる
  • コインチェック(Coincheck)の本人確認の特徴は「IDセルフィー」
  • 写真を撮るのが抵抗がある人はGMOコインなどがおすすめ

コインチェック(Coincheck)に口座開設をする場合の手続きや、本人確認の方法などについて解説しました。

コインチェック(Coincheck)の本人確認の特徴は、IDセルフィーです。

申請者が本当に書類を提出した本人なのかを、仮想通貨取引所側が確認できるので、セキュリティ面でたいへん有用な方法なのですが、写真を撮るのが難しい、恥ずかしいなど抵抗がある人もいることでしょう。

そんな方は、GMOコインなどのコインチェック(Coincheck)以外の取引所がおすすめです。

 

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト