仮想通貨取引所比較

coincheckの本人確認にかかる時間・審査・手続き・必要書類を解説

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコインの審査が気になる方
✔ ビットコイン投資を始めようとしている方
✔ ビットコインで儲けようとしている方

仮想通貨取引を始めるためには、仮想通貨取引所に口座がなければなりません。

日本国内にある仮想通貨取引所のひとつであるcoincheckがあります。

今回は、coincheckに口座を開設しようとした場合の手続きなどについて、本人確認の方法や20歳未満の対応も含めて解説します。

この記事の要約
  • coincheckでは未成年は口座開設できない
  • coincheckによる本人確認には1〜2営業日が必要とされる
  • coincheckの本人確認の特徴は「IDセルフィー」
  • 写真を撮るのが抵抗がある人はGMOコインなどがおすすめ

coincheckの本人確認と口座開設の流れ

coincheckトップ

coincheckに新しく口座開設を申請するときの方法について、coincheckの本人確認の方法を含めて解説します。

1.新規登録

coincheckのホームページにアクセスしましょう。

  1. 最初の画面に、『新規登録』がありますから、クリックして下さい。
  2. メールアドレスとパスワードを登録しますと、登録したメールアドレスに宛ててcoincheckからメールが送られてきます。
  3. メールに記載してあるURLを開きます。

こうして、coincheckにアカウントが作成できました。

2.基本情報の登録

アカウントが設定できれば、本人確認うつります。

  1. coincheckでは、最初は『電話認証』によって行なわれます。
  2. 登録した携帯電話に、coincheckからSMSが送られてきます。
  3. SMSには、認証コードが記載されていますので、コードを入力します。
  4. そして、住所・氏名・生年月日などの個人情報を入力していきます。

3.本人確認書類のアップロード

個人情報の入力がすんだら、本人確認書類のアップロードの段階に進みます。

coincheckの本人確認では、IDセルフィーとよばれる本人確認書類とともにご自身が写った写真をアップロードするようになっています。

それに加えて、本人確認書類の表面と裏面をスキャナーで取り込むなどして、アップロードします。

4.郵送のはがき受け取り

本人確認書類のアップロードがすんだことをcoincheckが確認したら、coincheckが郵便ではがきを送ってきます。

これを受け取っていただければ、ようやく本人確認が完了となります。

coincheckで利用できる本人確認書類は?

coincheckで本人確認に利用できる書類について、注意事項とともに紹介します。

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(顔写真ページと住所記載ページ)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 住民台帳基本カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード
  • 運転経歴証明書(表面と裏面)
  • coincheckでは、IDセルフィーも必要です。書類のピントにも気をつけて撮影しましょう。
  • coincheckに、メールや郵送で登録情報や本人確認書類を送っても口座開設はできません。
  • 学生証は、利用できません。

(参照) https://coincheck.com/ja/info/faq_posts/58

coincheckの本人確認書類FAQ

マイナンバーは必要?利用できる?

個人番号カードは利用できます。
しかし、個人番号の通知カードは顔写真がないので利用できません。

保険証は必要?利用できる?

保険証は利用できません。

住民票は必要?利用できる?

住民基本台帳基本カードは使えますが、住民票は利用できません。

本人確認にかかる時間や日数

coincheckによる本人確認には、1〜2営業日が必要とされています
そのあと、coincheckから住所確認のためのはがきが発送されます。

ですから、本人確認書類のアップロードを終えてから数日から1週間前後かかることになりますね。

(参照) https://coincheck.com/ja/info/faq_posts/58

coincheckの本人確認は郵送のはがきを受け取って完了

coincheckの本人確認を終えるためには、coincheckから郵便で送られてくるはがきを受け取らなければなりません。

coincheckからのはがきは、転送不要とした簡易書留で送られてきます。

coincheckからのはがきを受け取ったら、内容を確認しましょう。

coincheckの未成年の場合の本人確認は?

coincheckでは、20歳未満と75歳以上、そして日本国外に住んでいる方のアカウントの登録は認められていません。

coincheckでは、未成年の場合は口座の開設ができません。

(参照) https://coincheck.com/ja/info/faq_posts/50

coincheckの本人確認の口コミ

 

coincheckに新規口座開設するときに行なわれる本人確認に関して、実際に口座開設をした方々はどのように思っているのでしょうか。

twitter上のつぶやきから、coincheckの本人確認に関する口コミを紹介します。

那月@ガルパ垢氏が、coincheckの本人確認の早さに驚いていることがわかります。

別の取引所での口座開設をおすすめ

GMOコイン

coincheckは、本人確認をしっかりしています。

IDセルフィーという、申請者と書類内容が合ってるかを確認するシステムを採用しています。

ただ、この方法に抵抗感のある人もいるわけでして、そんな方には、coincheckではなく、GMOコインなど、IDセルフィーを採用していない取引所がおすすめです。

coincheckは本人確認に写真が必要!

この記事のまとめ
  • coincheckでは未成年は口座開設できない
  • coincheckによる本人確認には1〜2営業日が必要とされる
  • coincheckの本人確認の特徴は「IDセルフィー」
  • 写真を撮るのが抵抗がある人はGMOコインなどがおすすめ

coincheckに口座開設をする場合の手続きや、本人確認の方法などについて解説しました。

coincheckの本人確認の特徴は、IDセルフィーです。

申請者が本当に書類を提出した本人なのかを、仮想通貨取引所側が確認できるので、セキュリティ面でたいへん有用な方法なのですが、写真を撮るのが難しい、恥ずかしいなど抵抗がある人もいることでしょう。

そんな方は、GMOコインなどのcoincheck以外の取引所がおすすめです。

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

仮想通貨取引所比較