仮想通貨取引所比較

コインチェックの再開が近い噂とそのための準備を考察

この記事を読んでほしい人
✔ 過去にコインチェックで取引をしていた方
✔ これからコインチェックで取引をしようと考えている方
✔ コインチェック再開の情報が気になる方

コインチェック事件から半年以上が過ぎて「そろそろコインチェックが再開しないかな」と待ち望んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は各報道やTwitterの情報を参考にしつつ、コインチェックの再開が近いのか、もしくはコインチェックの再開に関する情報が出ているのかお伝えしていきます。

コインチェックの再開について情報整理したい方は今回の記事を参考に、取引の準備をしておくのもいいでしょう。

この記事の要約

  • コインチェックはすでに取引再開に向けた準備を進めている
  • 金融庁も仮想通貨取引業者の登録を再開するかもしれない
  • 8月の時点ではコインチェック再開の発表はなかったが、9月には何らかの動きがある可能性がある
  • コインチェックが再開すると取引所間の競争が激しくなるなど、大きな影響がある

コインチェックが再開すると確信

2018年8月時点で、様々な媒体でコインチェック再開に向けた関連情報が発信されています。

  • すでにコインチェック取引所は再開に向けた準備を始めている
  • 7月27日に行われた親会社マネックスグループの決算会見で、松本社長は8月をめどに再開を目指す趣旨の発言をした。

筆者はコインチェック事件直前に口座開設を行っていましたが、途中で手続きは中止でした。
しかし、最近になって本人確認のはがきがコインチェック社から送付されてきました。

メディアの報道まとめ

コインチェック再開に関連する報道、金融庁が仮想通貨交換業者に対して行っている行政指導や審査に関する報道をお伝えしましょう。

仮想通貨取引所に関する情報を確認したい時は、口座開設及び取引したい取引所の報道だけでなく、金融庁の動向についても確認することが大切です。

金融庁は仮想通貨交換業者の運営再開に関する審査を行っており、コインチェック再開に関する報道も発信される可能性があるので要注目です。

メディア報道1:仮想通貨、新規業者の登録再開へ 金融庁、審査は厳格化

“金融庁は10日、仮想通貨交換業者23社への立ち入り検査結果を公表し、マネーロンダリング(資金洗浄)対策が不十分などといった交換業者が抱える問題を総括した。”(引用:日本経済新聞

注目すべきポイント

注目すべき点は、仮想通貨交換業者の登録が再開されるという点でしょう。コインチェックも、仮想通貨交換業者への登録がなされる可能性があるということですよね。

8月中の登録及びコインチェック再開は難しいですが、9月以降の動きに注目しましょう。

メディア報道2:マネックスCEO、コインチェック8月に本格再開目指すと発言 米国進出に向け新会社設立も

“マネックスグループの松本大社長兼CEOは27日、傘下の仮想通貨交換業者コインチェックのサービス本格再開について「いつでも再開できるようにしている。8月には本登録を受けたい」と語った。”(引用:VentureTimes

注目すべきポイント

7月に行われたマネックスグループの決算会見の内容の中で、子会社となっているコインチェックの再開について言及した点は大きなポジティブ材料といえるでしょう。

報道では8月中の登録を目指しているとのことですが、8月末時点で新たな情報は発信されていません。

9月以降に登録へ向けた動きが見られる可能性が考えられますね。

メディア報道3:コインチェック、仮想通貨Liskの送金サービスを一時停止

“仮想通貨交換所「Coincheck」を運営するコインチェック株式会社は8月28日、事前に通達していた通り、仮想通貨Lisk(LSK)のハードフォークへの対応のため、日本時間の8月28日18時からLiskの送金サービスを一時停止した。”(引用:仮想通貨Watch

注目すべきポイント

コインチェック再開と無関係に感じる報道ですが、注目すべき情報です。

仮想通貨Liskのハードフォークに対応する措置を行うということは、業務再開を念頭に置いた動きと推測することができますよね。

再開に関する手続きが難航していた場合、個別の仮想通貨への対応まで情報が公開されない可能性があります。ポジティブな材料と考えてよいでしょう。

コインチェック再開に関する口コミ

続いてはTwitterの口コミから、コインチェック再開に関する情報を整理していきましょう。

コインチェック元代表の和田氏のツイート

注目すべきポイント

近い時期にコインチェックの再開発表を予測している方もいます。

またコインチェックだけでなく、他の仮想通貨交換業者も9月に登録再開などが行われることが期待されますよね。

9月の再開を予測するのであれば、新規開設を考えている方はウォレットなど準備しておく必要があるでしょう。

10月までにコインチェックが再開するのでは?という見方も

注目すべきポイント

仮想通貨LISKの動きとコインチェック再開に関係があると考察しています。

1つ目のツイートと合わせて考えると、9月もしくは10月にコインチェック再開という予測も立てられますよね。

またメディアの報道では金融庁の登録再開に関する情報もあるので、何かしらの動きが期待できるかもしれません。

コインチェック再開だけでなく、年末にかけてニュース

注目すべきポイント

コインチェックの再開を含めて、仮想通貨業界に大きな動きがあると考察しています。

8月末時点ではコインチェック再開に関する詳細な情報が出ていないので、このツイートのように感覚的に感じる方も多いでしょう。

しかしコインチェック再開に関する断片的な情報が発信されているのは事実ですから、再開時に登録等の手続きがスムーズに行えるよう、事前準備が必要かもしれませんね。

コインチェックが再開すると

コインチェック再開に関する情報を整理できたら、コインチェック再開後の仮想通貨市場について考察してみるのも仮想通貨投資家に必要なスキルです。

コインチェックが再開した場合に考えられる、3つの事象について分かりやすくお伝えしていきましょう。

1:新たな取引所の競争が再開

1つ目は、新たな取引所同士の競争が再開するという可能性です。

  • コインチェック内の取り扱い通貨の出来高が高まる
  • コインチェックを含む、新規登録再開となった取引所同士で市場競争が起こる

といったことが考えられますよね。

新規登録再開の動きはコインチェック以外にも見られています。

複数の取引所で登録及び取引再開となれば市場競争が激しくなるだけでなく、仮想通貨市場の活発化にもつながるでしょう。

2:マネックスが仮想通貨に参戦

2つ目はコインチェックの親会社であるマネックスグループが、本格的に仮想通貨市場へ進出するという可能性です。

マネックスグループはコインチェック再開手続きと同時に、アメリカの仮想通貨市場進出も検討しています。

またマネックスグループはすでにアメリカ・フロリダ州に新会社トレードステーションクリプトを設立していることから、本格的な事業開始に期待できるでしょう。

3:コインチェックの持っている銘柄があがる

3つ目はコインチェックで取り扱っている仮想通貨の価格が、再開直後に上昇するという可能性です。

コインチェック再開に限ったことではありませんが、ユーザーにとってメリットとなる事象が起きれば、仮想通貨の価格は上昇しやすいといえるでしょう。

コインチェック再開時にはビットコインやイーサリアム、リスクなど取り扱っている通貨9種類の銘柄に注目しておいた方がいいかもしれません。

コインチェック再開は9月以降に期待される

この記事のまとめ

  • コインチェックはすでに取引再開に向けた準備を進めている
  • 金融庁も仮想通貨取引業者の登録を再開するかもしれない
  • 8月の時点ではコインチェック再開の発表はなかったが、9月には何らかの動きがある可能性がある
  • コインチェックが再開すると取引所間の競争が激しくなるなど、大きな影響がある

さて、コインチェック再開についてお伝えしてきました。しかし8月末時点では再開についての公式発表はされていません。

しかし金融庁による仮想通貨交換業者の登録再開や、コインチェックの親会社であるマネックスグループによるコインチェック再開に向けた発表など、様々な動きが確認できます。

コインチェックで仮想通貨取引を考えている方は、ウォレットの準備や再開に関する情報を定期的に確認しておいた方がいいでしょう。

初心者におすすめの取引所はBITPoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、BITPoint以外の取引所に登録してしまった人は、BITPointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のBITPointを見てみる

仮想通貨取引所比較