仮想通貨取引所比較

ビットゼニーを購入。取引所選びから、買い方、特徴まで解説

ビットゼニー

昨年話題になったビットゼニーを知っていますか?

ビットゼニーはめずらしく国産仮想通貨の一つであり、強いコミュニティ持つ有名な仮想通貨です。

この記事では、ビットゼニーの買い方や特徴について紹介していきます。

ビットゼニーが購入できる取引所

取引所名 日本語対応 ビットゼニーと売買可能通貨
Crypto Bridge BTC, XSH, BCO, XP, HTML, SHND
Cryptopia × BTC
Stocks.Exchange × BTC
Trade Satoshi × BTC, DOGE, LTC

ビットゼニーはどの取引所でも流動性が低いですが、購入したいのであればCryptoBridgeを使うといいでしょう。

国産の仮想通貨でありながら、上場している取引所は海外取引所のみですが、CryptoBridgeであれは日本語に対応しているため、英語ができなくても問題なく利用できます。

ビットゼニーの購入方法

ビットゼニーを購入する方法は、現在は海外取引所で売買するしかありません。

CryptoBridgeやCryptopiaを利用してビットゼニーを購入するようにしてください。

ビットゼニーを取引所で購入

仮想通貨取引において最もスタンダードな方法である、取引所で購入する方法を説明します。

CryptoBridgeであれば日本語対応なので安心です。

ステップ1:「国内取引所でビットコイン購入」

ビットゼニーを買うには仮想通貨が必要なので、仮想通貨持っていない人は最低限ビットコインを購入しておいてください。

ビットコインを日本円で購入する場合は、取引手数料が無料のbitbankがおすすめです。

購入したらCryptoBridgeやCryptopiaなどビットゼニーを取り扱っている取引所に送金をしましょう。

ステップ2:「海外取引所でビットゼニー購入」

海外取引所に仮想通貨が着金したら、[ZNY/BTC]などのビットゼニーとペアになっているページを見つけ出してください。

CryptoBridgeであれば、取引ページの右側のリストからビットゼニーの取引ページに移動できます。

あとは価格と数量を指定して注文を出すことでビットゼニーを購入することができます。

ビットゼニーはChangellyでは購入できない

ビットゼニーの買い方は大きく分けてこの一通りですが、以前はchangellyと呼ばれる仮想通貨交換サービスでもビットゼニーを購入することが出来ました。

しかし、今はビットゼニーの取扱を停止してしまっているので、ビットゼニーを購入したい場合は海外取引所を利用するようにしてください。

日本でビットゼニーの取引所は?

ビットゼニーは、国産仮想通貨ではありますが国内取引所に上場する予定は今のところありません。

今も2017年のような仮想通貨が上場しやすい時期であれば上場していた可能性はありますが、今は金融庁の規制や業務改善命令を受けている取引所が非常に多いことから、しばらくの間はビットゼニーが上場することはないでしょう。

ビットゼニーの特徴、将来性

国産の仮想通貨でありながら、日本の取引所で投資をすることができない謎の多い仮想通貨ビットゼニー。

その魅力と特徴について調査をしてみました。

特徴①:「誰でも簡単にマイニングできる通貨」

ビットゼニーには、Yescryptというアルゴリズムが採用されていて、誰でも簡単にマイニングできる仮想通貨として有名です。

マイニング自体はCPUしか搭載していないパソコンでも可能です。

ただ、ビットコインなどの通常の仮想通貨において、難易度もあがっているため、GPUやASICなどマイニング効率に優れた機材を用意しないとまともにマイニングできません。

しかしYescryptを採用したビットゼニーは、CPUでのマイニングでもまとまった数のビットゼニーをマイニングすることが可能です。

特徴②:「人気のチップサービスは残念ながら廃止」

ビットゼニーにはもともとTwitterを利用したチップサービスを提供していましたが、Twitterの仕様変更によりチップサービスの提供が終了しています。

このサービスは、コミュニティー通貨としてのビットゼニーの発展を助ける大きな役割をしていたため、コミュニティ内では非常に残念がられています。

特徴③:「開発者の復帰、引き継ぎが待たれる」

今のビットゼニーは初期開発者がビットゼニー開発の前線から離脱しており、離脱しただけではなくビットゼニー公式サイトのアクセス権限なども保有したまま離脱したため、ビットゼニーの開発が難航しています。

そのため、この現状を打破できない限り将来性を考えることは難しく、ビットゼニーの大きな課題でしょう。

一躍有名になったものの、草コインは草コイン

ビットゼニーはもともと0.01円未満の草コインでした。

しかし、去年の秋頃に海外でもモナコインが話題になってから、モナコインと同じ属性(コミュニティ通貨)であることでビットゼニーも話題になり、最大で1枚50円ほどに高騰しました。

しかし今ではその姿は見る影もなく、流動性の低い草コインに成り下がっています。

草コインへの投資は、成功すればとてつもないリターンを得ることができますが、失敗すれば大きな損失を出してしまうので、草コイン投資をする際は注意をしてください。

仮想通貨取引所比較