仮想通貨取引所比較

ビットポイント(BITPoint)でリスクは購入できる?買い方と取引所を解説

この記事を読んでほしい人
✔ リスクを購入したい方
✔ リスクを取り扱っている取引所を知りたい方
✔ リスクで儲けようとしている方

リスク(LISK)は、日本国内では知名度がすごく高いわけではない仮想通貨。日本で取り扱っている取引所はあるのでしょうか。ビットポイント(BITPoint)で取り扱っているのでしょうか。

今回は、リスクを扱っている取引所について解説します。

ビットポイント(BITPoint)でリスクを扱っているか知りたい人、リスクを日本国内で取引したい人に参考になる記事となっています。

この記事の要約
  • リスクはスマートコントラクトを実装している
  • ビットポイント(BITPoint)ではリスクを取り扱っていない
  • 日本国内でリスクを購入するのであればbitflyerがおすすめ

リスクとは?


リスク(LISK)とは、2016年に公開された仮想通貨です
※正確には、リスクはプラットフォームなので通貨とは違います。

名前を見ただけでは、危険の「リスク」を思い浮かべた人も多いのではないでしょうか。著者もその一人です。実は全く関係なく、リスクの名前の意味は「簡単」を表しています。

リスクは、イーサリアムと同じ機能であるスマートコントラクトを実装しています。
他にも、メインのブロックチェーン以外に、サイドチェーンを実装し、機能を拡張していることで、送金詰まりを起こりにくくしています。

そして、開発言語がJavascriptで動くという点。Javascriptは、プログラミング言語のなかでは比較的難易度が低いので開発しやすい通貨になるといわれています。

ビットポイント(BITPoint)でリスクの取扱いは?

bitpoint

ビットポイント(BITPoint)では、リスクの取り扱いはありません。

ビットポイント(BITPoint)の取扱い通貨は、下記の5種類です。リスク以外の主要なアルトコインをカバーしています。イーサリアムやリップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュはすべてビットコインに次ぐ人気と将来性を期待される通貨です。

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン

▼BITPoint 取り扱い通貨とそれぞれの特徴を解説!▼

あわせて読みたい
BITPOINT
BITPoint(ビットポイント)の取り扱い通貨とそれぞれの特徴を解説 「BITPointで取引できる通貨は?」「どの通貨を取引すればいいの?」このような疑問をお持ちではないでしょうか。 ここで...

リスクを購入するならこの取引所

bitFlyerロゴ

リスクを購入できる取引所は、日本国内であれば下記の取引所のみです。

  • coincheck
  • bitflyer

coincheckは現在、業務改善中で、セキュリティ面に不安が残るため、bitflyerをおすすめします。bitflyerはセキュリティ面では、世界でもトップクラスで、まったく心配はありません。

手数料も無料なので、日本国内でリスクを購入するのであればbitflyer一択といえるでしょう。

リスクはbitflyerで!

上記で紹介したように、リスクの購入にはbitFlyerがオススメです。

この取引所にはどんな特徴があるのでしょうか。

簡単に紹介します。

bitFlyerの特徴1: 安心安全のセキュリティ

マウントゴックス事件などを受けて、なんとなく「仮想通貨は怪しい」「ビットコインは危険だ」と思っている方は多いでしょう。

勿論、仮想通貨の世界は時に危険を伴います。そのため取引所選びに、セキュリティを重視する方が沢山います。

その点、ビットフライヤーのセキュリティ対策は万全です。

2018年1月25日に、セキュリティアプリを提供している「Spreen」という会社が世界140にもなる取引所のセキュリティのランク付けを行い、そのランキングの中でbitFlyerが1位に選ばれています!

最新のビットコインテクノロジーであるマルチシグを他社に先駆けて導入し、顧客の80%以上の資産を「コールドウォレット(オフラインで管理)」で管理する等、徹底したセキュリティ管理を実施しています。

安全性を求めるのであれば bitflyerは間違いありません!

bitFlyerの特徴2: 補償制度の実施

「いくら安全といっても、防げない問題もあるかもしれない」

そう考える人もいるかもしれません。このような事態のために、bitFlyerでは他社に先駆けて損害補償の制度を設けています。

補償額についてですが、預けている資産が100万円以上の方は年間最大500万円それ以下の方は年間最大10万円までの補償となります。

万が一のことがあっても、トコトン安心できるサービスを提供しています。

bitFlyerの特徴3: 潤沢な資金力

bitFlyerは強力な株主から出資を受けているため、資金力があります。

bitFlyerは株主には、誰もが聞いたことのある大企業が名を連ねているだけでなく、三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループの三大メガバンクのベンチャーキャピタルも出資しています。

多くの仮想通貨取引所はベンチャー系の企業が多いので不安を覚えることもありますが、ビットフライヤーはその点かなり安心です。

会社が倒産する心配もないので、安心してbitFlyerを利用することができます。

この記事のまとめ
  • リスクはスマートコントラクトを実装している
  • ビットポイント(BITPoint)ではリスクを取り扱っていない
  • 日本国内でリスクを購入するのであればbitflyerがおすすめ

ビットポイント(BITPoint)はリスクの販売はしていません。

そのため、購入にはcoincheckかbitflyerから選ぶことになります。

2つの取引所のうち、セキュリティ面に不安のないbitflyerをおすすめします。

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト