仮想通貨取引所比較

ビットフライヤーは大丈夫?セキュリティをまとめて解説

この記事を読んでほしい人
✔ ビットフライヤーをこれから利用したい方
✔ 安全な仮想通貨取引所を探している方
✔ 安全面を重視した取引所が知りたい方

ビットフライヤーは、世界140もの取引所中からセキュリティ面で世界1位を獲得しています。

世界1位といわれるビットフライヤーのセキュリティはどのような特徴があるのでしょうか?本当に安全なのでしょうか?

ここでは、ビットフライヤーのセキュリティについて詳しく解説しています。

ビットフライヤーをこれから利用したい人、安全な仮想通貨取引所を探している人に、参考になる記事となっています!

この記事の要約
  • ビットフライヤーはセキュリティのランク付け世界1位を獲得
  • ビットフライヤーは多くのセキュリティ対策を行っている
  • ビットフライヤーは安全面を重視した取引所である

ビットフライヤーのセキュリティの特徴

ビットフライヤーのセキュリティ対策は万全!特徴を詳しく解説していきます。

  1. コールドウォレット
  2. マルチ・シグネチャ
  3. 次世代暗号システムによるセキュリティの確保
  4. ログイン管理
  5. システムの常時チェック

セキュリティ1 コールドウォレット

オンライン上で管理するウォレットは、「ホットウォレット」と呼ばれます。送金などがスムーズにできるメリットと、常にオンラインなのでハッキングされやすいというデメリットがあります。

顧客の資産をホットウォレット中心に管理していると、ハッキングされたときの被害は大きくなってしまいます。大手コインチェックの580億円のハッキング事件は、ホットウォレットで顧客の資産の大半を管理していたのが原因の1つでした。

ビットフライヤーでは、顧客の80%以上の資産を「コールドウォレット(オフラインで管理)」で管理しています。
コールドウォレット自体も、物理的ロックと24時間監視し、厳重に管理しています。

セキュリティ2 マルチ・シグネチャ

ビットコインの最新のセキュリティ技術の1つが、マルチシグネチャです。

ビットコインは秘密鍵と呼ばれる暗号技術を使用して送金を行います。

秘密鍵は通常1つしか存在しませんが、マルチシグネチャは、複数の秘密鍵で取引をします。
簡単にいえば、「家の鍵を開けるのに、複数の鍵を使用して開ける」イメージです。単純に複数の鍵で管理するため、厳重になります。

詳しい技術はここでは割愛しますが、多くの取引所で採用されている技術です。

セキュリティ3 次世代暗号システムによるセキュリティの確保

ビットフライヤーでは、ネットワーク面でのセキュリティ対策が無数に施されています。

例えば、下記の4項目。

  • SSL通信
  • DigiCertのSSLサーバー証明書の採用
  • DigiCertのSSLサーバー証明書で最高強度のEVを採用
  • SHA-2(SHA-256)の採用

SSL通信は、ブラウザのアドレス欄にある鍵アイコンのことです。
ネット銀行などを利用する人であれば、見かける人も多いのではないでしょうか。ショッピングサイトにも使用されていますね。

ビットフライヤーのSSL通信は、大手金融機関よりも強度の高い暗号技術を採用しています。顧客の個人情報を洩れない対策は万全といっていいです。

セキュリティ4 ログイン管理

ビットフライヤーのログインに対する対策は下記の5点です。

パスワードの強度チェック…パスワードを9文字以上ですべての記号を使用
アカウントロック機能…パスワードの入力ミスを複数回するとロックされる
ログイン履歴の管理…第三者が不正にログインされた場合アカウントロック
自動タイムアウト…一定時間操作が行われないと自動的にログアウト
2段階認証…スマホなどのデバイスで認証コードを得てログイン

いずれも不正ログインを防ぐ対策です。

セキュリティ5 システムの常時チェック

ビットフライヤーのサーバーは常に最新の状態を保つために、「最新のOSパッチを適用」「常時システムチェック」を行っています。

万が一、システムに不具合が出た場合は、即座にシステムをシャットダウンさせて被害を最小限にします。

その他のセキュリティ対策

ビットフライヤーが行っているプログラム面でのセキュリティ対策です。

XSS(クロスサイトスクリプティング)対策
SQL Injection(SQL インジェクション)対策
CSRF(クロスサイトリクエストフォージェリ)対策
ブルートフォース攻撃対策
辞書攻撃(パスワード攻撃)対策
リバースブルートフォース攻撃対策
パスワード及びハッシュ化処理
IPアドレス制限
自己診断によるアラート自動送信
暗号学術論的に安全な擬似乱数生成器の使用

内容としては、プログラムの脆弱性に対する攻撃の対策です。

外部からの攻撃を防ぐための対策だけでも、これだけの数を施しています。

世界一のセキュリティと評価されたことも

2018年1月25日に、セキュリティアプリを提供している「Spreen」という会社が世界140にもなる取引所のセキュリティのランク付けを行いました。

その結果はというと…

ビットフライヤーがなんと1位に選ばれました!

同じく同列として、海外大手取引所のコインベースもビットフライヤーと並んで1位評価です。

ビットフライヤーのセキュリティは、世界最高峰といえるレベル。

安全性を求めるのであれば、ビットフライヤー以外には存在しません。

金融庁と業務改善命令とビットフライヤーのセキュリティに関係は?

金融庁は2018年6月に、ビットフライヤーを含む取引所6社に業務改善命令を命じました。

今回の改善命令は、マネーロンダリング(資金洗浄)対策が不十分という内容で、セキュリティ面の不備とは無関係なものと思われます。

仮想通貨の流出事件が相次いでいるので、これを機に徹底的に調査したとの見方がなされています。

9月29日に、金融庁から11社の取引所が登録業者として認められました。その中にはビットフライヤーも含まれています。

マネーロンダリング、本人確認等に関して、ビットフライヤーが金融庁から指摘を受けており現在では新規の口座開設を停止している状態です。

ビットフライヤーのセキュリティは世界最高峰!

この記事のまとめ
  • ビットフライヤーはセキュリティのランク付け世界1位を獲得
  • ビットフライヤーは多くのセキュリティ対策を行っている
  • ビットフライヤーは安全面を重視した取引所である

140の取引所の中で、セキュリティのランク付け1位を獲得するビットフライヤーのセキュリティ対策は素晴らしいです。

ただし、現在は情報管理等の理由で新規の口座開設を停止しています。安全面を重視したい人であれば、ビットフライヤーをぜひ利用しましょう。

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト