仮想通貨取引所比較

ビットコイン先物取引の仕組みとは?特徴も解説

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコインの先物取引が気になる方
✔ ビットコインの先物取引を始めようとしている方
✔ ビットコインで儲けようとしている方

「ビットコインの取引に先物取引ってあるけど何?」

資産運用未経験で、ビットコイン取引から始めた場合、商品の1つである先物取引について気になるでしょう。

今回はビットコイン先物取引の仕組みや他の商品との違い、どのような特徴があるのかご紹介していきます。

これからビットコイン先物取引を始めようと考えている方は、今回の記事を参考にしてあなたの目的に合った商品か改めて考えてから決めましょう。

この記事の要約
  • ビットコイン先物取引は将来の売買契約を約束する取引
  • ビットコイン先物取引を行う初心者は国内取引所がおすすめ
  • ビットコイン先物取引を覚えれば取引の幅が広がる

ビットコイン 先物取引とは

ビットコイン取引を始めた多くの初心者は現物取引から行っていることでしょう。

現物取引は自己資金を使ってビットコインの売買を行うもので、仕組みは買いから売りの流れになっています。

対してビットコイン先物取引の場合は、現物取引と全く違います。
ビットコインをある未来の日に購入注文を入れて、売買価格と数量を決めます。

先物取引とは?

元々先物取引は、ビットコインで生まれたものではなく株式投資などで取り扱われていた、商品の1つです。

名前の通り、将来の価格を予測して売買価格と数量を決める契約です。

例えば1年後の購入価格を現在価格100円で購入予約を行い、契約成立させます。そして、1年後に200円まで値上がりしていた場合、予約した100円で購入して200円で購入したい方に売ることで100円の差益を受取ることができます。

ビットコインFXとの違い

ビットコイン先物取引は、ビットコインFXとは似ていますが違いがいくつかあります。

大きな違いは、将来に購入することを決めるのか、現在の価格と市場で取引するのかという部分です。

ビットコインFXは取引先が運営元になりますが、ビットコイン先物取引は市場参加者である、ユーザーとの取引になる点も大きな違いです。

ビットコイン先物取引の特徴

ビットコイン先物取引は将来の価格を予測もしくは、現在の価格設定で購入契約を結ぶ取引のことを指します。

ビットコイン先物取引を知る為には、3つの大きな特徴を知る必要があります。

そこでここでは、ビットコイン先物取引の特徴を3つに分けてご紹介していきます。

  • 特徴1 空売りができる
  • 特徴2 レバレッジ取引ができる
  • 特徴3 契約の期日に決まりがある

一見すると分かりにくいですが、特徴を知れば違った視点からビットコイン先物取引を理解できます。

特徴1空売りができる

ビットコイン先物取引の特徴であり、注目されている理由の1つでもある空売りができるということです。

ビットコインの現物取引では、買い注文からの取引しかできません。

ビットコイン先物取引では証拠金取引になるので、取引所の資金を借りるため空売りが可能となります。

ビットコイン先物取引で空売りを行う場合は、将来の価格が現在よりも下がっていることを前提として取引を考える必要があります。

特徴2レバレッジ取引ができる

ビットコイン先物取引の大きな特徴として、よく挙げられるのがレバレッジ取引もできる点です。

レバレッジ取引とは、自己資金以上の取引ができるもので、レバレッジ5倍の場合は注文数量の5倍の利益が得られます。

レバレッジ取引の場合は、損失も倍率で掛けた数値だけ大きくなるので注意が必要です。

特徴3契約の期日に決まりがある

ビットコイン先物取引特有の特徴の1つが、契約に期日が存在することです。

正確には限月という名称で、ビットコイン先物取引を行う場合に満期日が設定されています。

仮に1週間先物として販売されていた場合、先物取引の注文は1週間先が上限となります。

ビットコイン先物取引では、満期日を待たずとも契約を成立させることができ、しなかった場合は自動決済が実行されます。

ビットコイン先物取引の仕組み

ビットコイン先物取引は、将来の価格が上がるか下がるかを予測して、売買注文を決める取引です。

その基本的な原理を知ったら、更に覚えておくべき3つの仕組みを理解しておくことが大切です。

  • 仕組み1 現物取引ではなく証拠金取引
  • 仕組み2 追証制度がある
  • 仕組み3 実際の取引と注文の時期は違う

仕組み1現物取引ではなく証拠金取引

ビットコイン先物取引を始める上で、最初に覚えておくべき仕組みが現物取引ではないということです。初心者はこの部分で悩むことが多いでしょう。

現物取引は自己資金で取引しますが、証拠金取引は違います。

証拠金取引とは、仮想通貨取引所に資金を入金して取引所から同額もしくは倍率を掛けた金額を借りて取引します。
自己資金は担保金としての役割となります。

仕組み2追証制度がある

ビットコイン先物取引は、レバレッジ取引が可能なので自己資金が大幅に減少する可能性もあります。

その場合取引所側にとっては、貸し出した資金を回収できなくなるリスクがあるので、追加で証拠金を入金してもらう、追証制度が多くの取引所で備わっています。

証拠金の何%が減少したら、追証が実行されるまで取引がストップになるので、投資家にとっても安全装置としてのメリットがあります。

仕組み3実際の取引と注文の時期は違う

ビットコイン先物取引の仕組みを正確に理解するためには、注文と売買契約について知っておく必要があります。

ビットコイン先物取引では、今注文を入れたとしても契約は成立しておらず予約のような状態で、資金の移動は発生していません。

資金の移動が行われるのは、満期日もしくは満期日より前に売買契約を成立させた時になります。

注文を入れたからといって、ビットコインが購入できる訳ではないので注意しましょう。

ビットコイン先物取引ができる取引所

仮想通貨の取引所

ビットコイン先物取引ができる取引所は、bitFlyerQUOINEXbitbank Tradeの3社が代表的です。いずれも国内の取引所ですので、操作等が分かりやすいでしょう。

ビットコイン先物取引で1番おすすめ「bitbank Trade」

bitbank(ビットバンク)
取扱仮想通貨 ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(ほぼなし)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

これからトライするなら新しくなった「Liquid by Quoinex」

Liquid by Quoine(リキッド)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュリップルキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
現物取引手数料無料
レバレッジ取引手数料0.025%
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(かなり小さい)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

復活が待たれる取引所「bitFlyer」

bitFlyer(ビットフライヤー)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

 

海外の取引所でビットコイン先物取引牡を行う方法もありますが、仕組み自体が初心者には難しく、日本語対応していないと更にややこしいです。

最初のうちは上記に挙げた国内取引所で、ビットコイン先物取引を行うのがおすすめです。

ビットコイン先物取引は将来の売買契約を約束する取引

この記事のまとめ
  • ビットコイン先物取引は将来の売買契約を約束する取引
  • ビットコイン先物取引を行う初心者は国内取引所がおすすめ
  • ビットコイン先物取引を覚えれば取引の幅が広がる

ビットコイン先物取引は、現在の時点で将来の価格を予測し、購入(売却)価格と数量の注文を出します。

注文価格に対して値上がりしていれば、割安で購入できるメリットがあり、実際に売り出されている価格で購入しようとしているユーザーに売却することで差益を得ることができます。

現物取引とはベースとなる仕組みが違いますが、1度覚えれば取引の幅が広がりますよ。

初心者におすすめの取引所はbitbank

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うので、取引所によって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitbank」はネットでも有名な有識者、与沢翼さん、イケダハヤトさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、手数料ゼロキャンペーン実施中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitbank以外の取引所に登録してしまった人は、bitbankで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitbankを見てみる

仮想通貨取引所比較