仮想通貨取引所比較

ビットコイン(BTC/Bitcoin/bitcoin)の最安値はどこ?取引所手数料比較ランキング

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコイン取引を始めようと思っている方
✔ ビットコイン取引にかかる手数料について知りたいという方
✔ ビットコイン取引でおすすめの取引所を知りたいという方

ビットコイン取引において、手数料は高いほど利益を出しにくくなってしまいますから、とても重要ですよね。

では、ビットコイン取引の手数料が最も安い取引所はどこなのでしょうか。

そこで今回は、ビットコインにかかる手数料を表にまとめてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてくださいね!

この記事の要約

  • ビットコイン取引においては「入金手数料」「出金手数料」「取引手数料・スプレッド」といった手数料がかかる
  • 販売所はスプレッドが非常に高額なので、取引所を選ぶ方がよい
  • 同じ取引所なら、取引量が多い方が買値と売値の差額が小さく、利益を出しやすい
  • ビットコイン取引をするなら、取引手数料が無料で取引量の大きいbitbankがおすすめ

ビットコイン取引にかかる手数料とは

ビットコインを取引する時には

  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 取引手数料・スプレッド

といった手数料がかかります。それぞれどのような手数料なのでしょうか。

ビットコイン取引の入金手数料

ビットコイン取引をするためには、口座にお金がなければなりません。口座への入金は各取引所で指定されている銀行口座への振込が多いですね。

入金手数料は無料となっている取引所も多いですが、それでも銀行への振込手数料がかかります。

取引所と同じグループの銀行からの振込であれば、振込手数料が無料というケースもありますから、利用するのもいいでしょう。

ビットコイン取引の出金手数料

出金手数料とは、取引所の口座に入っているお金を自分の銀行口座に移動する時にかかる手数料のこと。

無料の取引所もありますが、大半の取引所は出金手数料がかかります。

たとえばビットフライヤーでは、3万円以上の出金に対して、三井住友銀行なら432円、それ以外の金融機関の場合は756円の出金手数料がかかります。

ビットコイン取引の取引手数料

取引手数料は、文字通り取引した時に支払う手数料です。ビットコインを注文し、注文が成立(約定)した時点で差し引かれます。

たとえば10万円の取引で0.15%の取引手数料であれば、150円が手数料となるわけですね。

取引手数料が無料の取引所もありますから、ぜひとも活用したいところです。

販売所ではスプレッドがかかる

「取引所」と「販売所」では、取引にかかる手数料が異なります。

  • 取引所:取引手数料がかかる
  • 販売所:スプレッドが手数料としてかかる

販売所では買値も売値も販売所が決めており、買値と売値の差額(スプレッド)を手数料として徴収しているのです。

 

上の図では買値と売値の差は約13000円。つまり13000円もの金額が手数料として取られるというわけなのです。

BITPoint(ビットポイント)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(少しあり)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ビットコインの取引手数料・スプレッドを比較

各取引所ごとに、ビットコイン売買の時にかかる取引手数料やスプレッドを表にまとめてみました。

取引所名 販売形態 取引手数料・スプレッド
bitbank 取引所 取引手数料:無料
BITPoint 取引所 取引手数料:無料
GMOコイン 取引所 取引手数料:Takerのみ0.1%
販売所 スプレッド:約10000円
DMM Bitcoin 販売所 スプレッド:19000円
Coincheck 取引所 取引手数料:無料
販売所 スプレッド:16000円
bitFlyer 取引所 取引手数料:0.01 ~ 0.15%
販売所 スプレッド:約13000円
Zaif 取引所 取引手数料:無料
FISCO 取引所 取引手数料:Takerのみ0.1%

※Takerとは、板に載せてある注文で約定させたときに支払う手数料です。

販売所のスプレッドの額が非常に高額ですよね。それに対して取引所では取引手数料が無料のところもありますから、ぜひとも活用したいところです。

GMOコイン
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ビットコイン取引所の選び方

ビットコインの手数料という観点から、取引所を選ぶためのポイントをお伝えしていきましょう。

ビットコイン取引所選び①:手数料の安い取引所を選ぶ

販売所よりも、取引所を選びましょう。

たとえばDMM Bitcoinではスプレッドが19000円。取引手数料は無料ですが、すでに19000円をスプレッドという手数料として取られているわけです。

さらに取引手数料が無料の取引所もありますから、間違いなく取引所でビットコインを購入した方がお得ですよね。

ビットコイン取引所選び②:取引量が多い取引所を選ぶ

スプレッドはありませんが、買値と売値の差は取引所にも存在します。価格差が大きいほどビットコイン取引で利益を出しにくくなってしまいますよね。

  • 取引量が多い(活発に取引されている):買値と売値の差が小さい
  • 取引量が少ない(取引が閑散としている):買値と売値の差が大きい

という特徴がありますから、やはり取引量が多い取引所を選んだ方がよいでしょう。

ビットコイン取引におすすめの取引所は?

総合的にみて、おすすめの取引所はbitbankでしょう。

  • 取引手数料が無料
  • 取引量が多い

どちらの条件もbitbankは満たしていますし、また取引所のセキュリティが高く安心して取引できるというメリットもあります。

BITPointも取引手数料が無料でセキュリティも高いのですが、取引量の面でややbitbankの方に分があるようですね。

bitbank(ビットバンク)
取扱仮想通貨 ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(ほぼなし)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

▼【2019年最新】ビットコイン(Bitcoin/BTC)の購入におすすめの取引所ランキング▼

あわせて読みたい
【2019年最新】ビットコイン(Bitcoin/BTC)の購入におすすめの取引所ランキング ビットコインを取引できる取引所は、日本国内で14社に及びます。14社もある取引所ですが、「ビットコイン取引にオススメな取引所」と...

ビットコイン取引では、手数料と取引量に注目

この記事のまとめ

  • ビットコイン取引においては「入金手数料」「出金手数料」「取引手数料・スプレッド」といった手数料がかかる
  • 販売所はスプレッドが非常に高額なので、取引所を選ぶ方がよい
  • 同じ取引所なら、取引量が多い方が買値と売値の差額が小さく、利益を出しやすい
  • ビットコイン取引をするなら、取引手数料が無料で取引量の大きいbitbankがおすすめ

さて、ビットコイン取引にかかる手数料についてお伝えしてきました。

販売所でビットコインを購入する時はスプレッドが非常に高いので、なるべく取引所でビットコイン取引を行うようにしましょう。

ビットコイン取引をするなら、取引手数料が無料で取引量の多いbitbankがおすすめです。

初心者におすすめの取引所はBITPoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、BITPoint以外の取引所に登録してしまった人は、BITPointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のBITPointを見てみる

仮想通貨取引所比較